世界初 音声型リング「ORII」
世界初 オーダーメイドサプリ「healthServer」
世界初 スマホ美顔器「NOFL smart」
逆転発想 赤ちゃんの目線で記録「babeyes」
手助けアプリ「May ii」
肌と同期するスキンケア「Optune」

――これら、まだ見たことのない製品や、商品化間近、限定販売中といった、いわば「未来のプロダクト」。

しかも、実機をただ展示するだけじゃない。プロダクトのすぐ近くには、カメラとマイクがいっしょに置いてある。

ここは、オープンしたばかりの渋谷スクランブルスクエア。その2階フロアで展開中の次世代型ショールーミング店舗「boxsta」(ボクスタ)で、11月28日から12月25日までの1か月限定のポップアップストアで、手がけたのは大日本印刷(DNP)。

ここでまず気になるのは、このカメラとマイク。実はこのカメラとマイクは、その商品を見て触って話して…というユーザの動向を記録し、その商品の出品企業にテストマーケティング情報として送られるという。

いっけん、盗撮・盗聴のようにみえてしまうのですが、このカメラとマイクは、どの商品棚に立ち寄られたかを示す行動動線と性別、年齢層の推定値を取得しながら、ユーザを特定する顔情報などは即座に破棄してくれる。

またマイクからは、その人を特定する声紋情報も即座に破棄し、テキストデータ化して商品に対する好感度の度合いを推定。

ここで得た情報は、個人を特定できないように統計化し、大日本印刷と出品企業のプロダクト開発に活かされるという仕組み。

「自社が持つ商品展示レイアウトノウハウを、最新テストマーケティング現場として活かせないか」と考えた大日本印刷は、映像と音声の両データを解析し、データ化するパッケージを開発。このboxsta(ボクスタ)は、国内初のテストマーケティング事例という。

近未来のプロダクトに見て触れて試して、スタッフと相談して購入を決めた人は、その場でQRコードを読み取ってECサイトへ。

ユーザは実際に商品を手にとって確かめて購入できるうえ、展示側はフロアに在庫を確保することなく流通していく……そんな画期的な試みが、いま渋谷スクランブルスクエアで始まっている。

大日本印刷は、この渋谷スクランブルスクエア「boxsta」で培ったノウハウをさらにバージョンアップさせ、2020年度には、センシング技術とAI技術による次世代型ショールーミング店舗の事業化を実現させるという。

【boxsta ボクスタ】
https://www.dnp-innovationport.com/lp/boxsta/