リリースを準備している29のアーカイヴ・プロジェクトを公開したニール・ヤング(Bebeto Matthews/AP/Shutterstock)

写真拡大

ニール・ヤングは、未発表のスタジオ・アルバムやライヴ・アルバムを含むアーカイヴ・コレクションから、いつでもリリースできる状態の29のプロジェクトを解説した。コレクションには1970年代にボツにした多くのアルバムも含まれている。

ニール・ヤングは、2020年内に自身のウェブサイト『Neil Young Archives』を通じて未発表アルバムやライヴ音源を大量にリリースしようという、壮大な構想を明らかにした。そこでヤングはファンに対し、膨大なアーカイヴ・コレクションを整理し、リリースして欲しいプロジェクトへの投票を呼びかけている。ウェブサイトでは、ヤングが近々リリース予定の29のプロジェクトについて解説している。

「これらのプロジェクトはいつでもリリースできる状態にある」とヤングは言う。「サイトに登録したファンは、リストの中からお気に入りの3つのプロジェクトを選択して投票できる。サイトの公式発表を読み、登録者向けの専用リンクから、次にリリースすべきお気に入りのプロジェクトに投票して欲しい」とファンに呼びかけている。

以下に、ヤングがサイト上で公開している各プロジェクトを解説する。

シェイクスピア劇場・ソロ・パフォーマンス(1971年)
1971年1月22日、コネチカット州ストラトフォードにあるシェイクスピア劇場で行ったライヴ。

ヴィカー・ストリート・ソロ・ライヴ(2003年、アルバム『Greendale』)
2003年5月、アイルランドのダブリンで収録されたアルバム『Greendale』のソロ・アコースティック・パフォーマンス。

未発表アルバム『Toast』(2001年、クレイジー・ホース)
2001年にクレイジー・ホースと製作した未発表作品。

『Mountaintop』(2019年)
最新アルバム『Colorado』製作の裏側を追ったドキュメンタリー映像。

『Catalyst』(1990年)
ニール・ヤングとクレイジー・ホースによる1991年のRagged Gloryツアーのリハーサル・ギグ(1990年11月13日、カリフォルニア州サンタクルーズのクラブにて収録)。

『Alchemy』(2012/2013年)
2012年から2013年にかけて行われた、ニール・ヤングとクレイジー・ホースによるAlchemyワールドツアーのドキュメンタリー映像。

『Early Daze』(1960年代)
クレイジー・ホース結成直後にレコーディングしたさまざまな楽曲集。

『Harvest Time』(1971年、ザ・ストレイ・ゲイターズ)
アルバム『Harvest』製作の模様を捉えたドキュメンタリー映像。

『Mirror Ball』(1995年)
1995年8月26日、ダブリンのRDSシモンズコートで行われたパール・ジャムとのライヴ。

『Desert Trip』(2016年)
2016年10月、プロミス・オブ・ザ・リアルと行ったデザート・トリップでのライヴ映像。

『Monsanto Years』(2014年)
プロミス・オブ・ザ・リアルとレコーディング(カリフォルニア州オックスナードのTeatroスタジオ)したアルバム『The Monsanto Years』製作の様子を撮影したドキュメンタリー映像。

『Trunk Show』(2009年)
2019年12月、タワー・シアター(ペンシルベニア州アッパーダービー)で撮影した、ジョナサン・デミ監督によるコンサートフィルム。

『Lincvolt Chronicles 1-5』
ヤングによる、1959年製リンカーン・コンチネンタルからハイブリッド電気自動車への転換期を収めた記録。

タワー・シアター・ソロ・ライヴ(2018年、ペンシルベニア州)
2018年秋、タワー・シアターで行ったソロ・アコースティック・コンサート。多くのレアな楽曲が聴ける。

『Polar Vortex』(2019年)
2019年1月、極渦による寒波に襲われたウィスコンシン州とミネソタ州で行った一連のアコースティック・コンサート。

『Homegrown』(1975年)
1975年に完成させながらもアルバム『Tonights the Night』を優先させたために、リリースが見送られた作品。

『Chrome Dreams』(1977年)
1970年代にレコーディングされ、お蔵入りしていたアルバムの1枚。

『Berlin Trans Band』(1982年)
1982年、『Trans』ツアー中に撮影されたマイケル・リンゼイ=ホッグ監督のコンサートフィルム。

『Oceanside Countryside』(1976年〜1977年)
こちらも1970年代の未発表アルバム。『Comes a Time』や『My My, Hey Hey (Out of the Blue)』など、後にリリースされたアルバムで取り上げた作品も多く収録。

ボーディング・ハウス・ソロ・ライヴ(1978年)
1978年5月、落ち着いた雰囲気のこぢんまりとしたボーディング・ハウス・クラブで行ったアコースティック・ライヴ。この翌年リリースされるアルバム『Rust Never Sleep』に収録の楽曲も多く披露された。

『Island In The Sun』(1982年)
アルバム『Trans』の直前にレコーディングされたアルバム。『Soul of a Woman』や『Like an Inca』など、その後のアルバムに収録された作品も聴ける。

『Trans』(2020年)
マイカー・ネルソンは数年かけて、アルバム『Trans』にインスパイアされたアニメ映画を製作した。

ボトム・ライン・ソロ・ライヴ(1974年)
1974年5月16日、ヤングはニューヨークのザ・ボトム・ラインのステージにサプライズ出演した。ブートレッグ盤が有名。

『Over The Rainbow Live: Tonights The Night』(1973年)
1973年11月5日、アルバム『Tonights the Night』時代にロンドンのレインボー・シアターで行われたライヴ。

『Odeon Budokan』(1976年)
ニール・ヤングがクレイジー・ホースと共にロンドンと日本で行った『Zuma』ツアーの様子を収録したコンサートフィルム。

『Ducks Live in Santa Cruz』(1977年)
1977年、ヤングがザ・ダックス名義で突然行ったクラブツアーを収録したライヴ・アルバム。

『Homefires』(1974年)
1974年の本アルバムについての詳細はあまり語られていない。アルバム名は、1974年以降ライヴで何度も演奏されている未発表曲のタイトルから付けられた。

『CSNY at Fillmore East』(1970年)
1970年、全盛期にあったクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングがニューヨークのフィルモア・イーストで行ったライヴ。