写真はイメージです(以下同)
 猫を飼っている人がよく悩むのが、服についた毛だと思います。長毛の猫の場合、そのつき具合は半端じゃなく、ひと目みて「あ、猫とたわむれたんだな」とわかるほど。愛らしいペットを飼う1つのデメリットですが、そんなワナに引っかかり、とんだ墓穴をほった人がいます。それが、愛実さん(仮名)の彼氏でした。

◆猫カフェでデートする不倫カップル

 彼氏と言っても、ただの彼氏ではありません。愛実さんの5歳年上の彼は、既婚者。つまり2人は不倫の関係でした。

 主に平日夜にホテルに行ったりデートをしたりする関係でしたが、2人が愛していたものが“猫”。とはいえ、愛実さんはペット禁止の賃貸、彼は奥さんのお許しがもらえず自宅で猫を飼えないため、かわりに定期的に猫カフェで欲を満たしていたそうです。

「彼と私がよく行っていた池袋の猫カフェには、長毛のおとなしい猫ちゃんがいました。その子が彼的にはお気に入りで、いつも行っては『○○ちゃ〜ん』と猫なで声で甘えていました。その姿が可愛かったですね」

 しかし猫カフェデートは、思わぬことが原因で奥さんにバレてしまいます。

◆服についてた猫毛で不倫がバレる

 普段スーツの下にカーディガンを着ることが多かった彼。猫カフェ後にはコロコロを使って毛の処理を徹底していたのですが、内側のカーディガンまでは気がまわらなかったよう。長毛の猫毛が数本ついた状態で帰宅し着替え、そのままお風呂に入ったそうですが、後日奥さんに「この前猫のいるところに行ったでしょ?」と聞かれてしまいます。

「彼は『え?』と焦りまくりだったそうです。だって猫のいるところ=誰かの家か猫カフェ、って選択肢しか思い浮かんでいなかったから。とっさに取引先に行ったら猫がいたとか嘘をつけばよかったものの、うろたえてしまった彼に、奥さんも確信してしまったんですよね」

 挙動不審な彼に突っ込みまくった奥さんは、最終的には猫カフェに行ったことを知り、そしてそれがきっかけで不倫していた事実を知ってしまいました。

 愛実さんが登場するような修羅場にはならなかったものの、金輪際彼とは接触を持たないという約束のもと、これがきっかけで2人は別れたそうです。

◆夫婦関係を修復するカギは猫?!

「私は今は元気ですが、最初は落ち込みました。でも、少したって彼の噂を耳にして、ああ、結局寂しいだけの人なんだって思ったら傷も癒えてきましたね」

 愛実さんが耳にした噂とは、彼が家庭関係修復のために2匹の猫を飼い始めたと聞いたこと。彼と奥さんには子どもが1人いましたが、新たな家族として2匹の猫を飼い始めたというのです。

「猫欲を自宅で満たそうという発想が彼発か奥さん発かはわかりません。でももし奥さんの提案であれば、猫によって関係が壊れ、猫によって修復された関係って、なんか凄いですよね」

 夫婦関係を壊したのは猫ではなく、まぎれもなく不倫した旦那さんと愛美さんだと思いますが…。

 ちなみに彼女は最近ペット可のマンションに引っ越し、自身も猫を飼おうかなと思ってるとか。その気持ちが未練でないことを祈りますが、不倫中の猫カフェデートはくれぐれもニオイや毛の取り漏れにはご注意を。

―ペットにまつわる悲喜こもごも―

<文・しおえり真生>