九州は寒気の流れ込みが続き、今朝は冷え込みが強まりました。今朝の最低気温は、熊本県阿蘇市乙姫はー2.4度、大分県佐伯市宇目はー1.6度など氷点下の冷え込みの所がありました。また、宮崎地方気象台と大分地方気象台で、由布岳の初冠雪、宮崎市の初霜が観測されました。

寒気に伴う雲が流れ込む

九州は冬型気圧配置が続き、寒気が断続的に流れ込んでいます。九州北部の上空1500メートル付近にはー3度前後の寒気が入り、対馬海峡や東シナ海から寒気に伴う筋状の雲が所々に流れ込みました。特に、きのうから今朝にかけて、九州の高い山では雪が降った所がありました。

寒さは週末まで、来週は気温上昇

今週の九州は断続的に寒気が流れ込むため、風が冷たい寒い日が続くでしょう。土曜日は、本州の南海上を通過する低気圧や前線の影響で雨が降る見込みです。来週前半は、寒気の流れ込みがおさまり気温が上昇してきます。本格的な寒さはいったんおさまり、日中は幾分過ごしやすくなるでしょう。晴れる日は洗濯やお出掛けなど日差しを有効活用しましょう。