2020年3月に初来日公演を行うファット・ホワイト・ファミリー(Photo by Sarah Piantadosi)

写真拡大 (全2枚)

「最も危険、最も厄介、そして最も不可欠なバンド」と称されるUKの7人組ロック・バンド、ファット・ホワイト・ファミリーの初来日公演が開催決定。2020年3月12日、東京・SINJUKU MARZにて一夜限りのライブとなる。

2011年、ロンドンの南地区にて不法定住の共同生活をしていた6人により結成されたという強烈なバックグラウンドを持つファット・ホワイト・ファミリー。2013年には数枚のシングルと、デビューアルバムを自主制作としてBandcampにて発表。その堂々としたライブパフォーマンスと中毒性のあるサウンドで、徐々にロックファンから注目を集めるようになり、カルト・ロックヒーローとしてメディアをも魅了していった。独特な存在感に魅了されるアーティストも数多く、リアム・ギャラガーも彼らを絶賛。2年連続で出演を果たしたグラストンベリー・フェスティバルでは、新人バンドでありながらベストアクトの呼び声も高い。

来日公演の前売りチケットはAliveにて発売中。なお、バンドは今年4月にイアン・デューリーの息子=バクスター・デューリーも参加した最新アルバム『Serfs Up!』をリリースしている。

<来日公演情報>



FAT WHITE FAMILY
LIVE IN JAPAN

日程:2020年3月12日(木)
会場:SINJUKU MARZ
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
料金:前売¥6,500 / DOOR¥7,500(税込・スタンディング・ドリンク代別途)