組み合わせが絶妙!具材同士の味が相乗効果で旨味を引き出す「カニカマのチーマヨ豆腐」【小鍋生活のススメ Vol.3】

写真拡大 (全3枚)

NHK『きょうの料理』や『あさイチ』の料理コーナーでもおなじみの料理家・小田真規子さん。多くのレシピ本を出版されていますが、中でも人気を集めているのが『まいにち小鍋』(ダイヤモンド社)シリーズです。2019年9月には、シリーズ最新刊『まいにち湯豆腐』を発売し、365日食べても飽きない1〜2人前の小鍋レシピを数多くご紹介しています。本連載では、簡単においしくヘルシーな食卓を実現できる「小鍋生活」を、小田先生が直々にレクチャー。連載第3回目は、“絶妙な組み合わせ”の具材を使った絶品小鍋レシピをご紹介!

相乗効果で具材の味を更においしく


こんにちは。小田真規子です。

連載第2回では、スープや具材の加熱の順番を守ることで、仕上がりの味に特に違いが出るレシピとして、「トマトと豆腐のチーズ湯豆腐」と「豚バラこってりモツ鍋風」の2つをご紹介しました。

今回は、具材同士の相性が良く、それぞれの味が相乗効果でさらにおいしくなる絶妙な組み合わせの小鍋レシピを2つご紹介します。

カニカマのチーマヨ豆腐


最初にご紹介するのは、「カニカマのチーマヨ豆腐」です。材料は、お子さん向けのサラダか、炒め物のような組み合わせですが、小鍋にして火にかけると、絶妙な味わいに変化します。

カニカマから出汁のような旨みと香りが、マヨネーズからはコクが出て、チーズはとろんと溶け、豆腐はまろやかな食感に。これらをナムプラーがまとめ、洋風のような、エスニックのような、癖になる味わいにしています。

ラー油七味唐辛子で辛みを効かせれば、ビールやワインによく合います。これはお店ではいただけない、まさに家庭ならではの味。仕上げの万能ねぎもポイントで、シャキシャキとした食感と青々しい香りが、色味だけでなく、全体のまろやかさも引き締めています。


具材


木綿豆腐(半分〜4等分に切る)…1丁(300g)

カニカマ(長さを半分に切ってほぐす)…6本(70g)

マヨネーズ…大さじ2

ミックスチーズ…50g

スープ


ナムプラー…大さじ1

ラー油…少々

水…1カップ

仕上げ


万能ねぎ(小口切り)…適宜

七味とうがらし…少々

<つくり方>

1.カニカマとマヨネーズを混ぜる。

2.豆腐はペーパータオルを敷いたバットに広げ、20分置く。

3.小鍋にカニカマとマヨネーズ、豆腐を入れて、【スープ】を注ぎ、チーズを散らす。

4.ふたをして中火にかけ、煮立ったら中火のまま煮汁をかけながら7〜8分火を通す。【仕上げ】をふっていただく。

豚肉とトマトの重ね蒸し鍋


2つ目は、「豚肉とトマトの重ね蒸し鍋」です。豚バラ肉、トマト、玉ねぎといったおなじみの素材のシンプルな蒸し鍋ですが、私の著書『まいにち小鍋』の中でも人気のレシピです。

鍋に、玉ねぎ、豚肉、トマトの順に重ねて、玉ねぎには豚肉の脂肪分を、豚肉にはトマトの旨みのアミノ酸と水分を行き渡らせます。トマトを一番上にのせるのは、煮崩れを防ぎ、具としても楽しむためです。

これらの具材と相性が良いのが、たれとして使用するマスタード・醤油・オリーブオイル。それぞれの酸味・塩味・香り・コクの組み合わせが、シンプルな素材の味わいをまとめます。

ぜひ、豚肉で玉ねぎを包み、トマトをのせて、このたれで召しあがってみてください。「鍋なのに、ビストロメニューみたい!」。そんな驚きもあるおしゃれな味わいですよ。


具材


豚バラ薄切り肉(7〜8cmに切る)…150g

玉ねぎ(縦半分にきってから5mm幅に切る)…小1個(150g)

トマト(ヘタを取り6〜8等分のくし切りにする)…2個(300g)

スープ


水…1/2カップ

たれ


粒マスタード…大さじ2

しょうゆ…大さじ2

オリーブ油…小さじ1

万能ねぎ(小口切り)…5本分(25g)

<つくり方>

1.フライパンに玉ねぎを平らに並べ、その上に豚肉をなるべく重ならないように並べて、トマトをのせる。

2.【スープ】を注ぎ、ふたをして中火にかける。

3.ふつふつとしたら中火のまま5分蒸し、【たれ】をかけていただく。

いかがでしたか? 具材の組み合わせの妙を十二分に楽しめるこちらのレシピ、皆さんもぜひ試してみてくださいね。次回は、具材の切り方を守ることによって、仕上がりの味に違いが出る小鍋レシピをご紹介します。

小田真規子先生の『まいにち小鍋』シリーズ


『まいにち小鍋―毎日おいしい10分レシピ―』(ダイヤモンド社)



簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山! 

>>ご購入はこちらから

『まいにち湯豆腐―ぽかぽか小鍋の絶品レシピ―』(ダイヤモンド社)



いちばん売れてる“小鍋本”、『まいにち小鍋』待望の続編! 豆腐を切って煮るだけだから、家に帰って10分で身も心もぽっかぽか。豆腐の80%は「水分」だから、糖質もカロリーも心配無用。スープの味が染みた湯豆腐は無限の味わいが楽しめます。大人気料理家が教える、めちゃ美味しい、超ヘルシー小鍋レシピ集!

>>ご購入はこちらから

小田 真規子さん

料理家・栄養士・フードディレクター。女子栄養大学短期大学部卒業後、料理家のアシスタントを経て、有限会社スタジオナッツを設立。誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい家庭料理をテーマに、『オレンジページ』『ESSE』などの生活雑誌や企業PR誌にオリジナルレシピを発表。家電、食品、調味料メーカーのメニュー開発、国内各地の産地・加工品の商品開発などもサポートしている。分かりやすいレシピが好評で、NHK『きょうの料理』『あさイチ』の料理コーナーに定期出演。『まいにち小鍋』『なんでも小鍋』『おつまみが晩ごはん!』(ダイヤモンド社)、『料理のきほん練習帳』(高橋書店)、『とにかく盛り上がる夜ごはん』(文響社)など著書多数。

【Instagram】パプリカマキコ