【詳細】他の写真はこちら

芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)。2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集め、さらに海外でも注目を集める本作は、時代が変わっても色褪せることなく愛され続けている。

そんな名作として今も根強い人気を誇る『ジョゼと虎と魚たち』が、この度、2020年に劇場アニメ化することが決定した。

監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータローが満を持してアニメ映画初監督を務める。

そのほか、『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、そしてアニメーション制作は『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当します。現在の映像シーンをリードするクリエイター陣によって紡がれる“新たなジョゼ”。きっとあなたもジョゼの“恋”を通して、世界の輝きを知る!

●作品情報

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』



2020年ロードショー

【STAFF】

原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊)

監督:タムラコータロー

脚本:桑村さや香

キャラクター原案:絵本奈央

キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子

コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)

音楽:Evan Call

アニメーション制作:ボンズ

配給:松竹/KADOKAWA

製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会

<キャッチコピー>

ずっと、届かないと思ってた――。

<INTRODUCTION> 

青春恋愛小説の金字塔が遂に劇場アニメ化!

その“恋”は、世界の輝きを教えてくれた――

芥川賞作家・田辺聖子の名編で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』。長年にわたり愛され続ける名作小説が、アニメーション映画となってスクリーンに登場する。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きる車椅子のジョゼ。自分の夢を追いかける、大学生の恒夫。ある晩、ジョゼは恒夫と出会い、意を決して彼とともに外の世界へ飛び出すことに決める――。瑞々(みずみず)しく真っすぐな純愛の中、誰かを通じて自分とお互いを知って前に進む姿を、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交えて描き出す。

監督は、『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータローが務める。脚本を桑村さや香、キャラクター原案を絵本奈央、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子が担当。アニメーション制作は、数多くの人気作を手掛けてきたボンズ。

等身大の魅力に溢れた、アニメーションで描く“新しいジョゼ”。

今、出会うべき感動を、『ジョゼと虎と魚たち』で知る――。

<監督:タムラコータロー コメント>

ようやく発表できました。田辺聖子さんの短編小説「ジョゼと虎と魚たち」が執筆されてかれこれ干支が三周しようとしてるわけですが、この作品にはどんなに時が経っても多くの人の心を捉えて離さない不思議な魅力があります。どこにでもありそうで、どこにもなかった物語。新しい時代を迎えた今だからこそ映像化を通して再度スポットライトが当てられれば幸いです。

<監督・タムラコータロー プロフィール>

1980年9月26日、福岡県生まれ。『GOSICK -ゴシック-』、『文豪ストレイドッグス』、『宝石の国』他多数の絵コンテ、演出を担当。劇場長編アニメ―ション『おおかみこどもの雨と雪』で助監督を、『ノラガミ』『ノラガミARAGOTO』で監督を務める。様々な人気作品に携わる実力派。

<田辺聖子事務所 コメント>

主人公のジョゼは、足の悪い、ちょっと世の中をナナメに見ている女の子。そのジョゼが、人を愛することによって、世界への扉を一つずつ開いていきます。扉を開ける前のすくむような気持ち、そして扉を開けたときの驚きと、あふれるような喜び。この作品をご覧になる皆様が、ジョゼの”冒険”を一緒に楽しんでくださいますように。原作者・田辺聖子もきっとそう望んでいると思います。

<原作者・田辺聖子 プロフィール>

1928年3月27日、大阪府生まれ。小説だけでなく、古典の紹介、評伝などで、芥川賞、読売文学賞他多数の文学賞を受賞している。文化勲章受章者。生み出した小説、エッセー、評伝、古典案内は、単行本だけでも250点以上にのぼる。鋭い人間観察と柔らかなユーモアで、「面白くて人生を考えさせる作品」を約半世紀にわたって書き続けた。2019年6月6日、91歳で死去。

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

関連リンク



『ジョゼと虎と魚たち』公式サイト