日本テレビ系土曜ドラマ「俺の話は長い」。31歳でニート、言い訳とヘリクツの天才のダメ男・岸辺満(生田斗真)と彼に翻弄されながらも絆を深める家族の姿を描くコメディーホームドラマ。

満たちが暮らす岸辺家に併設するのが、母・房枝(原田美枝子)の営む軽食喫茶「ポラリス」。カウンター6席、テーブル3卓というこじんまりした空間で、房枝と常連客らの軽妙な会話が展開する。温かみのあるレトロな内装が魅力のセットに込められたこだわりとは?美術デザインを手掛けたデザイナーの郄橋太一さんにお話を聞きました!


―「ポラリス」はどんなイメージでデザインを作っていきましたか?
「ポラリス」は岸辺家のある足立区で、約30年ほど営んでいる店という設定です。最初に台本ができた時から話し合ったのが、“どのくらいの塩梅の喫茶店にするか”という部分でした。喫茶店といっても、本当にいろんなタイプのお店があるんですよね。すごくオシャレにもできるし、ごちゃごちゃした雰囲気にもできるし、どこに収めたらいいんだろう?と。

そこで挙がったのが“かわいいお店だけど、満が継ぎたいとは思わないお店”というイメージです。きっちり仕上げてオシャレにしてしまうと、視聴者の方に「満はここで働けばいいのに…」と思わせてしまう。満はコーヒーに対してかなりこだわりがあって、どちらかと言えば意識の高いお店をやりたかったでしょうし、それを踏まえて、オシャレなんだけどちょっとダサいみたいなところをうまく狙いたいなと思って考えていきました。

―今期は「同期のサクラ」「ニッポンノワール」にも喫茶店が登場しますが、差別化は意識しましたか?
物語の設定とロケ地、外観となる場所の設定がやっぱり結構違うので、スタッフ同士が意識しなくても結果的にそれぞれ違うものに仕上がったなと思いました。「俺の話は長い」はすごく身近でリアリティのある設定なので、テレビだからと作り込みすぎない、地に足のついたリアルな空間になるように意識しましたね。

―店内の造りに関してこだわった部分は?
撮影の都合や画的な見え方を考慮して、カウンターを少し斜めに捻って作りました。普通のお店であれば90度が多いかなと思いますが、カウンターのラインをわざと斜めにしています。カウンターを真っ直ぐにしてしまうとカメラの居場所がなくて、正面にある食器棚の裏から撮らなきゃいけなくなるんです。牧本(西村まさ彦)ら常連さんがカウンターに並んで座った時の抜けはもちろん、それぞれの顔を撮った時に後ろに窓やステンドグラスがうまく映り込むようにという部分も計算しました。

カウンターの中にはドアがあって、パントリーを通ると岸辺家の台所に繋がっています。この厨房と母屋を繋ぐ動線もポイントですね。1話のシーンにもありましたが、満はお父さんに「店に入るな」と言われたことをいまだに守り続けているので、厨房に関してはここまでしか来ないんです。まるで境界線のようなこの扉を挟んだお芝居は、重要なところだなと感じています。

―全体的に温かみのある色のトーンも印象的です。
そうですね。房枝の太陽みたいな人柄や温かい雰囲気、そういうものを意識していくと自然とナチュラルな空間に仕上がりました。全体的に木目で統一しているので温かい感じですよね。今回、白樺の丸太を一本仕入れて、大道具と協力して棚を一つ作ったんです(笑)。自然な素材を入れて空間を作りたいというのもあったし、店の雰囲気に合いそうだなと。この白樺を入れたのはちょっとこだわりのポイントですね。あとは「ポラリス」に“北極星”の意味合いがあるので、それをモチーフにした星の絵を作ってメニューの下に飾っていたりもします。

―レトロな雰囲気作りにあたって意識した部分は? 
昔はきっとタバコも吸えたんだろうなと感じられるような、タバコのヤニで壁がくすんでいる感じ、レジやメニューの雰囲気、公衆電話が置いてあったりという部分ですね。あとは、出入口のドアの上には、あえて古いデザインの「非常口」マークを付けています。基本的にはお父さんの作ったお店なので、かつてお父さんが好きだった古いレコードやステレオを置くことで、そういうにおいも残しています。房枝は花が好きで毎日生け花を変えているということで、間仕切りの近くにある花瓶の花はシーンの日が変わるごとに違うので、そこは見返しても楽しんでいただけると思います。

―常連客の居心地の良さが自然と伝わってくる空間ですね。
カウンター越しの房枝と常連客の会話が、素敵に撮れたらいいなと思っています。実際にカウンターの中にはコーヒーのサイフォンがあるし豆も揃っていて、ちゃんと設備が整っているんですよ。たぶんここで飲むコーヒーは美味しいと思います。すごくセンスが良くて立派な空間というわけではないけど、どこか落ち着くという。それは岸辺家のセットにも通じますが、見ている方にも温かい落ち着く空間だなと感じてもらえたらいいですね。

◆関連記事◆
『ホームコメディ「俺の話は長い」の会話劇を支える“岸辺家”セット&間取りの秘密に迫る!』
https://www.ntv.co.jp/orebana/articles/333s7boxz9b1kdu3s2l.html

「俺の話は長い」
https://www.ntv.co.jp/orebana/