Net Applicationsから2019年11月のタブレットにおけるブラウザのシェアが発表された。2019年11月はChrome、Safari、Android Browserという主要ブラウザがすべてタブレットにおいてシェアを落とし、代わりにSamsung Browserが大きくシェアを増やした。

シェアの絶対値という点ではSamsung Browserのシェアは小さいが、主要ブラウザがそろってシェアを落とし、代わりに新興のブラウザが一気に増加するというのは珍しいパターンと言える。

2019年11月タブレットブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2019年11月タブレットブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications