東京・豊洲 3歳男児暴行死 男児の口内にも傷

写真拡大

 東京・江東区で同居する3歳の男の子に暴行を加えて死なせたとして34歳の男が逮捕された事件で、男の子の口の中などにも傷があったことが分かりました。

 渡辺雄二容疑者は9月、江東区豊洲のマンションで同居していた平石桃子さんの長男で3歳の隆太郎ちゃんに暴行を加えて死亡させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、死因は腹に強い力が加えられたことによる失血死でした。その後の捜査関係者への取材で、司法解剖の結果、隆太郎ちゃんの体に目立った外傷はないものの口の中が切れていて、頭や体にわずかに内出血があったことが分かりました。渡辺容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は隆太郎ちゃんを虐待していた可能性もあるとみて慎重に調べています。