“アスベスト”という名の街、名前変更へ

写真拡大

“アスベスト”という名の街が、その名を変更する許可を得たようだ。

カナダ・ケベック内にあるその街は、がんなどの健康被害を引き起こすとされる石綿の名でいることに「良い意味合いが一切ない」として、変更を求める申請をしていたという。

地元機関によると、その名前のせいで投資を拒まれることもあり、対外国との経済的発展を妨げる理由となっていたと、フェイスブックの投稿で状況を説明している。

今回、名前の変更許可が下りたことを受け、市長は新たな名前の決定過程に、地元住民の参加を約束している。