契約更改に臨んだ日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

写真拡大

81試合登板の西武平井が1億円に、内海は25%減の7500万円で更改

 西武の14選手が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行った。不動の遊撃手源田壮亮内野手は6000万円増の1億4000万円でサイン。球団記録の81試合に登板した平井克典投手は3500万円から大幅増の1億円で更改した。

 木村文紀外野手は2440万円増の4800万円、小川龍也投手は1600万円増の3300万円、今井達也投手は1700万円増の3500万円、松本航投手は600万円増の2100万円、平良海馬投手は倍増の1200万円、本田圭佑投手は950万円増の1600万円、高橋光成投手は2150万円増の4000万円、佐野泰雄投手は1000万円増の2300万円でサインした。

 一方、ダウンしたのは4選手。内海哲也投手は減額制限いっぱいの25%減の7500万円、榎田大樹投手は700万円減の4800万円、武隈祥太投手は1000万円減の5350万円、野田昇吾投手は300万円減の2700万円でサインした。

 ソフトバンクはヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4選手と来季の契約を結んだ。契約を更改したのは栗原陵矢捕手、川原弘之投手、松本裕樹投手、周東佑京内野手。二保旭投手は保留した。

 栗原は300万円増の1000万円、川原は700万円増の1200万円、松本裕は現状維持の1200万円、周東は1400万円増の2000万円だった。

 楽天の2選手が仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、渡邊佑樹投手は30万円減の920万円、熊原健人投手が100万円減の900万円でサインした。

ハム大田がプロ11年で1億円に到達、巨人岡本は6000万円増の1億4000慢円でサインした

 日本ハムは札幌市の球団事務所で7選手と来季の契約を更改した。大田泰示外野手は3500万円増の1億円、近藤健介外野手は5000万円増の年俸1億5000万円プラス出来高で3年契約を結んだ(年俸は変動制)。

 3年契約の2年目を迎える中田翔内野手は1000万円増の2億9000万円、2年契約2年目の鶴岡慎也バッテリコーチ兼捕手は現状維持の6000万円、渡辺諒内野手は2.5倍増の3500万円、石井一成内野手は280万円増の1900万円でサイン。浦野博司投手は200万円減の2800万円で更改した。

 セ・リーグでは巨人の4選手が東京・大手町の球団事務所で契約更改した。岡本和真内野手6000万円増の年俸1億4000万円、丸佳浩外野手は現状維持の年俸4億5000万円、沢村拓一投手が3250万円増の年俸1億5400万円でサイン。中島宏之内野手は野球協約の減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える1億3000万円減の年俸2000万円で更改した。

 広島の田中広輔内野手がマツダスタジアムで契約交渉に臨み、3000万円減の年俸1億5000万円でサインした。(Full-Count編集部)