リーグ戦3連敗、ブレシアが1カ月足らずで指揮官グロッソの解任を発表…後任はコリーニが復職

写真拡大

現地時間2日、セリエAのブレシアは指揮官ファビオ・グロッソの解任を発表した。

ブレシアはクラブの公式メディアを通して「ファビオ・グロッソは監督のポストから解かれることになった。彼のプロフェッショナリズムに心から感謝したい」との声明を発表している。

なお、後任については11月上旬までブレシアを率いていたエウジェニオ・コリーニが復職することになっており、現地時間3日夜に会見が行われることになっているという。

11月5日にグロッソはブレシアの監督に就任したばかりだったが、それ以降はトリノ戦、ローマ戦、アタランタ戦と、リーグ戦で3連敗と結果を残せずにいた。またブレシア所属、悪童マリオ・バロテッリとの確執も伝えられており、グロッソはブレシアで浮上のきっかけをつかめないまま、1カ月足らずでチームから去ることになってしまった。

ここまでリーグ戦13試合を消化し、2勝1分け10敗の勝ち点7で最下位に沈んでいるブレシア。グロッソが去り、コリーニ復帰でブレシアは降格圏から脱することができるのだろうか。