ミラン、クラブ創立120周年を祝う特別ユニフォームを発表!

写真拡大 (全8枚)

イタリア1部のミランとキットサプライヤーのPumaは2日、クラブ創立120周年を記念した特別ユニフォームを発表した。

今季の通常のホームキットにも通じるクラシックなデザインは、20年前の1999年に発表した100周年記念モデルを彷彿させる。

AC Milan 2019-20 Puma 120th Anniversary

細めのストライプを用いたデザインは基本的に今季のホームキットとほぼ同じに見える。だが、エンブレムやメーカーロゴはゴールドで華やかに彩り、120周年を祝う雰囲気に溢れる。

胸のスポンサーロゴマークは通常の「Fly Emirates」ではなく「Emirates FLY BETTER」を付ける。これは上質な空の旅を提供するという、同社のスローガンのようなもの。レアル・マドリーが昨季のクラシコで着用したユニフォームにも、このロゴが登場している。

ユニフォームは1.899着の限定販売で、特別なボックスに収められている。20年前の100周年記念モデルは争奪戦となったが、今回もまた入手は困難を極めそうだ。

ゴールドの単色で彩ったエンブレムは、下部に“120”の数字をプリントした120周年記念の特別なデザイン。

背面の首元には、チームの愛称“‘Il Diavolo Rossonero(赤と黒の悪魔)”のアイコンを挟む形で、「1899」「2019」をプリントする。

シャツは1,899着の数量限定。個別にそれを証明するエディションナンバータグを取り付ける。

この120周年記念ユニフォームの公式戦での着用について、今のところ詳細な発表はない。だが、おそらく実際のゲームで使われることだろう。