契約更改に臨んだ西武・源田壮亮【写真:安藤かなみ】

写真拡大

小川は1600万円増の3300万円、木村は2440万円増の4800万円でサイン

 西武は3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、この日は14選手と来季の契約について合意した。

 今季81試合に登板し、ブルペン陣を大車輪の働きで支えた平井克典投手が3500万円から6500万円増で大台に到達する1億円でサイン。さらに不動の遊撃手・源田も6000万円増の1.4億円で大台を突破した。

 一方で、今季巨人から西武に人的補償で移籍した内海哲也投手は1億円から減額制限いっぱいの25%、2500万円ダウンの7500万円で契約を更改した。

 この日契約を更改した西武の選手は以下の通り。

○今井達也投手(1800万円→3500万円)

○松本航投手(1500万円→2100万円)

○平良海馬投手(600万円→1200万円)

○本田圭佑投手(650万円→1600万円)

○高橋光成投手(1850万円→4000万円)

○内海哲也投手(1億円→7500万円)

○榎田大樹投手(5500万円→4800万円)

○佐野泰雄投手(1300万円→2300万円)

〇武隈祥太投手(6350万円→5350万円)

〇野田昇吾投手(3000万円→2700万円)

〇小川龍也投手(1700万円→3300万円)

〇平井克典投手(3500万円→1億円)

〇木村文紀外野手(2360万円→4800万)

〇源田壮亮内野手(8000万円→1.4億円)(Full-Count編集部)