契約更改を終え、会見に臨む巨人・岡本=東京・大手町(撮影・福島範和)

写真拡大 (全2枚)

 巨人・岡本和真内野手(23)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉し、今季の年俸8000万円から6000万円増となる年俸1億4000万円で更改した。

 「日本一にはなれなくて悔しいけど、優勝はできたのでチームとしては充実したシーズンでした」

 5年目の今季は143試合に出場し、31本塁打、94打点、打率・265。2年連続で全試合に出場し、4番打者として5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

 24歳シーズンでの1億円の大台到達は、球団では23歳シーズンで達成した松井秀喜、坂本勇人に次ぐ、3番目の若さでの到達となった。