ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

写真拡大

村上は2年目の今季、全143試合に出場して10代最多本塁打となる36本塁打

 今季のセ・リーグ新人王に輝いたヤクルトの村上宗隆内野手が、サポートギアメーカーの「CERAMIC POWER GEAR」とブランドアンバサダー契約を結んだ。運営する株式会社アスリートビジョン社が発表した。

 2017年のドラフト1位でヤクルトに入団した村上。2年目の今季、一気にその才能を開花させ、10代での最多本塁打記録を更新する36本塁打をマークした。全143試合に出場し、リーグ3位となる96打点をあげ、先日のNPBアワードでは新人王に輝いた。

「CERAMIC POWER GEAR」は近年、球界で使用者が急増している新興のサポートギアメーカー。沖縄・興南高で甲子園春夏連覇を達成し、今季限りでソフトバンクを戦力外となった島袋洋奨氏が新たに入社した。島袋氏が村上の担当を務め、今後、厚くサポートしていくという。(Full-Count編集部)