西武復帰が決まった松坂

写真拡大

 前中日・松坂大輔投手(39)の14年ぶりとなる西武復帰が決まり、辻発彦監督(61)と松井稼頭央二軍監督(44)がコメントを発表した。

 辻発彦監督は「彼にとってはプロ野球生活をスタートしたチームですし、集大成だと思って頑張ってくれるだろうと思っています。後輩の手本になってほしいと言うつもりはなく、自分のことを一生懸命頑張ってくれる姿が、結果として後輩たちの手本となり、そしてチームの勝利に貢献してくれればと期待しています」と話した。

 松坂とは現役時代、兄と弟のような関係だった松井二軍監督は「大輔の復帰を聞いて、率直にうれしく思います。そして、この日をライオンズファンの皆さんも、大輔本人も楽しみにしていたのではないでしょうか。1999年、本当にとんでもないルーキーが入ってきたと感じたことを思い起こします。球の速さだけではなく、すごいものを持っていた。衝撃を受けましたね。大輔にはまずおめでとうと言いたい。僕は二軍監督なので立場は違いますが、また同じライオンズのユニホームでやれることを楽しみにしています」と14年ぶりの復帰を喜んだ。