近畿大DF知念哲矢(4年=長崎総合科学大附高)

写真拡大

 FC琉球は3日、近畿大DF知念哲矢(4年=長崎総合科学大附高)が来季から加入することが決まったと発表した。沖縄県出身で高校、大学を県外で過ごした新卒DFが故郷のクラブでプロ生活をスタートさせる。

 1997年生まれの知念は長崎総合科学大附高3年時に主将を経験。近畿大では最終ラインの要として1部リーグ残留に貢献していた。

 クラブを通じて「小さい頃からの夢であるプロサッカー選手にFC琉球という素晴らしいチーム、そして地元である沖縄でなれることをとても嬉しく思います。これまで関わってきた方々全ての人達への感謝の気持ちを忘れず、熱いプレーでFC琉球の勝利に貢献したいと思っています!FC琉球に関わる全ての皆さんよろしくお願いします!」とコメントしている。