“狂音”で『人間失格』を満喫しよう! (C)2019 HUMAN LOST Project

写真拡大

2019年11月29日(金)に公開を迎えた劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』において、川崎チネチッタにて本作の音響監督・岩浪美和と音響効果・小山恭正による『LIVEZOUND ×4K レーザー×狂音6.1ch』上映&トークイベントが開催されることが発表された。

本作は破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治『人間失格』を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した劇場アニメーション。
『アフロサムライ』の木粼文智を監督に迎え、スーパーバイザーに本広克行、脚本を冲方丁が担当。アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが務めている。

この度、ド迫力の狂音で『HUMAN LOST 人間失格』を体感できる特別な上映イベントが開催決定!
数多くの作品の音響を手がけてきた音響監督・岩浪美和と音響効果・小山恭正による、スペシャル音響によるトークショー付きの上映イベントとなっており、大迫力の音による上映と音響の視点から語られる本作の魅力をトークショーで味わうことで、より本作の魅力を知ることができそうだ。

上映イベントは2019年12月7日(土)、16:30の回に開催される。トークショーは上映後に開始だ。
価格は通常料金となっておりチネットや劇場窓口でお求めできる。

(C)2019 HUMAN LOST Project