【全文】死亡した韓国の若手俳優…所属事務所が公式立場を発表

写真拡大 (全2枚)

俳優チャ・インハ(本名イ・ジェホ)が自宅で遺体のまま発見されたなかで、所属事務所fantagioが公式立場を明らかにした。

12月3日午後、fantagio側は「12月3日、俳優チャ・インハが私たちのもとを去りました。今までチャ・インハを応援してくれ、多くの愛情を注いでくれたみなさんに、悲しいニュースを伝えることになり、本当に心が痛いです」と伝え、哀悼の意を表した。

【関連】元KARAク・ハラの死後もリベンジポルノ裁判は続く…「性犯罪の処罰を強化すべき」

続いて「突然の悲報に、誰よりも大きな悲しみに陥った遺族の方々が故人の最後をきちんと見送ることができるように、デマや推測性の報道は控えていただくよう、何卒お願いいたします」と付け加えた。

警察によると、チャ・インハは12月3日午後、自宅で亡くなった状態でマネージャーによって発見された。死因はわかっておらず、警察は正確な死因を調査中だ。

1992年生まれのチャ・インハは、2017年に映画『私の心の深いところのあなた』でデビュー。以降、ウェブドラマ『アイドル権限代行』、ドラマ『愛の温度』『油っぽいメロ』『まず熱く掃除せよ』などを通じて、注目された。現在、放送中のドラマ『瑕疵ある人間たち』(原題)に出演中だった。

以下、fantagioの公式立場全文。

チャ・インハ

アンニョンハセヨ、fantagioです。

あまりにも胸が痛く、切ないニュースを伝えることになり、残念な心情です。

12月3日、俳優チャ・インハが私たちのもとを去りました。

今までチャ・インハを応援してくれ、多くの愛情を注いでくれたみなさんに、悲しいニュースを伝えることになり、本当に心が痛いです。

今も信じられないニュースに、痛恨な思いしかありません。

突然の悲報に、誰よりも大きな悲しみに陥った遺族の方々が故人の最後をきちんと見送ることができるように、デマや推測性の報道は控えていただくよう、何卒お願いいたします。

葬儀は遺族の意に沿って、静かに行う予定です。

故人の最後の行く道に深い哀悼の意を送ります。