中日・松坂大輔

写真拡大

◆ 「大変うれしく思います」

 西武は3日、中日から自由契約となった松坂大輔投手(39)と来季の選手契約について合意したことを発表した。

 “平成の怪物”が所沢に帰ってくる──。1998年のドラフト1位で西武に入団すると、1年目から主力として活躍。在籍8年で108の白星を積み上げ、日本球界のエースとしてアメリカ・メジャーリーグに挑戦した。

 夢の舞台ではケガに悩まされることも多々ありながら、それでも通算56勝をマーク。日本球界復帰後も故障との戦いになったが、昨季はテストを経て入団を勝ち取った中日で6勝を挙げるなど復活。しかし、今季は再びケガに泣いて一軍登板は2試合に留まり、退団することが決まった。

 そんな中、松坂の獲得に動いたのが古巣・西武。退団の噂が出た直後から積極的な姿勢が報じられていたが、NPBから自由契約選手が公示された翌日に早々と契約合意を発表。球団側からは渡辺久信GMが追って取材に応じ、コメントを出す予定となっている。

◆ 松坂大輔・プロフィール

ポジション:投手

投打:右投右打

身長/体重:183センチ/93キロ

生年月日:1980年9月13日(39歳)

経歴:横浜高−西武(98年・1位)−レッドソックス−メッツ−ソフトバンク−中日

[今季成績] 2試(5.1回) 0勝1敗 防16.88

[NPB通算] 218試(1464.1回) 114勝65敗1セーブ 防3.04

▼ コメント

この度、14年ぶりに埼玉西武ライオンズに復帰する事になり大変うれしく思います。

プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で再び野球が出来ることをとても楽しみにしています。

リーグ3連覇、日本一を目指すチームの力になれるよう努力していきたいと思います。