報道陣に対応するバルカルセル会長

写真拡大

 ボクシングWBOのフランシスコ・バルカルセル会長(71)が3日に都内で報道陣に対応し、WBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が希望しているWBO同級王座ジョンリール・カシメロ(30=フィリピン)との対戦について「来年早々にも実現してほしい」と語った。

 この日から開催されているWBO総会のために来日中のバルカルセル会長は井上―カシメロ戦について「実現できるように動いている」とした上で、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)優勝後に井上と契約したトップランク社。カシメロをマネジメントするMP(マニー・パッキャオ)プロモーションとは「いずれもWBOとは良好な関係にある。この総会にはトップランクのプロモーターも、パッキャオも来る。そのメンバーが集まればどんな話をするかは分かるでしょう? 2日後には何かが起こっているかもしれない」(同会長)と、5日までの総会中に進展がある可能性を示唆する。

 両ボクサーが対戦を希望している統一戦にタイトル統括団体のトップがGOサインを出したとなれば、事態は一気に動くことになるかもしれない。