渋野日向子は変わらず12位(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

12月2日付けの女子世界ランキングが発表された。国内女子ツアー最終背「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で今季2勝目、メジャー初優勝を果たしたペ・ソンウ(韓国)が6ランクアップで30位となった。
渋野日向子の低く出すアイアンショット【連続写真】
日本勢のトップに変動は無く、1番手は5位の畑岡奈紗、2番手が同大会で2位タイに入った渋野日向子(12位)、3番手は大会5位タイの鈴木愛(17位)となっている。
そのほかでは、渋野と並ぶ大会2位タイに入った古江彩佳が29人抜きで86位に浮上。115位から100位内へと順位を上げた。
米国女子ツアーはシーズンを終えているため、世界ランク上位勢に大きな変動はなかった。1位にコ・ジンヨン、2位にパク・ソンヒョン(ともに韓国)、3位にネリー・コルダ(米国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■古江彩佳 プロフィール
■全英後4カ月の喜怒哀楽 渋野日向子、「葛藤」からの「吹っ切れ」
■渋野日向子の記録を総まとめ 最下位からの予選通過にルーキーイヤーで“宮里藍越え”の1億5000万円突破
■渋野日向子は賞金女王逃すもMVPに! 「車で家の周りをうろちょろしたい(笑)」
■LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 最終結果