温泉で有名な群馬県草津町の新井祥子議員(50)が、「私は約5年前に町長室で町長に強要され肉体関係を持ちました」と突然告白した。これに対し、黒岩信忠町長(72)は真っ向から否定、名誉棄損で告訴状を提出した。一体何が起きたのか。

新井議員は11月29日(2019年)に会見し、「町長は私を抱き寄せてキスし押し倒し、抵抗しましたが、町長が手を出すなんて思ったこともありませんでした」と訴えた。今になって告発したのは、「今年(2019年)夏ごろ、町長が私を選挙で落とすためにA議員のところを訪れて、『新井を当選させたくないから立候補してくれないか』と頭を下げたと聞いて不信感が増したからです」と説明した。

5年前の出来事をなぜ今になって告発?

一方、黒岩町長は「まるっきりの作り話です。突然テロに遭ったような感じです。想定もしていなかった」と憤慨している。きのう2日(2019年12月)の町議会でも新井議員は、「長崎を視察した時に、私の腰に手を回した」と暴露したが、これについても町長は「手を回してきたのは新井議員だ」と反論した。

議会では新井議員の言動に対し、「破廉恥で議会の名誉を傷つけた」として懲罰動議にかけられ、除名処分となり、議員資格を失った。議会の中でただ一人新井議員の味方になった男性議員は「女性があれほどの告白をするということは、よっぽどの覚悟がないとできない。私は彼女を信じています」と語る。

司会の国山ハセン「町長と議員が完全に主張は対立しています」

キャスターの立川志らく「何をコメントするのか、難しいですね。議員資格を失ったのだから、あとは裁判で決着してもらうしかないですね」

玉置妙憂(僧侶・看護師)「不信感を抱き始めたのは、自分を当選させたくないと聞いたからといっていますが、もし聞かなかったのなら告発しなかったのでしょうか」

新井氏は処分について異議申し立てをするかどうか検討しているという。