以前放送された、つぶれそうで困っているお店を経営のプロが建て直す救済企画の「ビフォーアフター完結編」をやるというので、気になってチェックした。横浜市にあるボクシング元世界チャンピオン八重樫東が共同経営する店で、1日の来客数は3人で3か月連続赤字。困った店長が番組に助けを求めたその後だ。
"経営の匠"冨士そばの丹道夫会長から指摘を受けた点を踏まえて改装するも予算は30万円。そこでDIYでやることになったのだが、出来上がりは上々。丹会長のお墨付きも得て、営業開始。客足も戻り、めでたしめでたしだったのだが、この見せ方が、他局の「ビフォー&アフター」の音楽をかけ、まんま同じだったので驚いた。
もっと驚いたのが、その次の企画「ワークマン 人気の秘密を徹底調査!」のほう。作業服イメージが強かった「ワークマン」が、「ワークマンプラス」を立ち上げ、これまで無縁だった女性客を取り込んで大繁盛しているというもの。売れ筋ランキングを紹介し、その機能の素晴らしさ、そして、価格の安さをこと細かく説明。これを見たら、明日にでも「ワークマンプラス」に行きたくなること間違いなし。
「ワークマンプラス」のいい宣伝になっただろうと思ったら、なんとCMでも「ワークマンプラス」が出てきてびっくり。番組のスポンサーを、番組内でベタ褒めするって露骨すぎやしませんか。ある意味、ヤラセよりもタチが悪いと思うのだが......。(放送12月1日18時30分〜)

(白蘭)