ブルワーズからFAになったジェイ・ジャクソン【写真:Getty Images】

写真拡大

MLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターでレポート

 ブルワーズからFAとなっていた元広島のジェイ・ジャクソン投手がロッテと契約に合意したと、米メディアが伝えた。

 2016年から3シーズンにわたって広島のセットアッパーを務めたジャクソン。3年間で175試合に登板し、10勝8敗2セーブ92ホールドの成績を残した。今季は米球界に復帰すると、ブルワーズで28試合に登板。1勝0敗0セーブ2ホールド、防御率4.45の成績を残していた。

 MLBネットワークのジョン・モロシ記者はこの日、自身のツイッターでロッテとジャクソンが契約に合意したとレポート。「今季ブルワーズで28試合にリリーフ登板した右投手のジェイ・ジャクソンはNPBの千葉ロッテマリーンズと契約に合意した。関係者が認めた」と伝えた。(Full-Count編集部)