Q-Successから2019年12月のWebサイト向けサーバサイドプログラミング言語のシェアが発表された。2019年12月はPHPと静的ファイルがシェアを落とし、RubyとPythonがシェアを増やした。

シェアは小さいものの、RubyとPythonは長期にわたって増加傾向にある。最大シェアを誇るPHPは横ばいの傾向が続いており、79%前後をキープしている。サーバサイドプログラミング言語として、PHPは強い影響力を持っている。

2019年12月Webサイト向けサーバサイドプログラミング言語シェア/棒グラフ

Webサイト向けサーバサイドプログラミング言語シェア推移グラフ - 資料: Q-Success

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。