*写真はイメージです


 部下なり、あるいは子どもなりを指導する立場にある人間が目指すべき目標は、「出藍(しゅつらん)」だろう。

 出藍とは、青が藍を原料にして作られる色素なのに、原料の藍よりもずっと青い、ということから、弟子が師匠を超えて優秀に育つことを意味する言葉だ。

 しかし「出藍」は、教育の力で可能なのか? それが長らく、私の疑問だった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

教育は師匠のコピーを作ることなのか?

 教育は、指導者の知識を弟子(部下、子ども)に伝える作業だ。だから、指導者が知らないことは弟子に教えられない。ということは、自分と同じコピーを作るのが精一杯ということになる。

 どれだけ高精細なコピー機でも、コピーを重ねると劣化していく。教育も、指導者の劣化コピーを作ることしかできないのだとしたら。私みたいな、能力が高いとはいえない指導者に当たった部下や学生、子ども達は不運だな、ということになる。

 では、弟子が指導者を超えるという、まれに見られる現象は、たまたま才能あふれた弟子に偶然出会っただけのことなのか。指導者が誰であろうと、天才は天才に育ち、師匠を超えるのか。だとしたら、教育はずいぶん無力な行為ではないか。

 しかし私は、「出藍」を諦めきれないでいた。弟子が師匠を超えた能力を獲得する。そんな指導法があるのではないか。それを、私のような凡才でも再現できる指導法はないものだろうか。それをずっと模索していた。

 ヒントと思われるものはあった。たとえば、モンゴメリ作『赤毛のアン』。アンは、養父母となるマシューとマリラのもとですくすく育ち、学校で一番の優等生に育った。マシューもマリラも、学があるとはいえない。一度もアンに勉強を教えるシーンは現れない。なのにアンは飛びぬけた優等生になった。

 その秘訣は、養父マシューにあるように感じた。マシューは口下手で人付き合いが苦手。まじめに働くことだけがとりえの男性。なのに、アンにはマシューの存在が不可欠で、マシューがいなければ、アンは優等生になり得なかっただろう、と私は信じることができた。けれど、なぜそう感じるのか、私はいまひとつ、自分でも言語化できなかった。

 もうひとつ、ヒントとなる作品がある。山崎豊子著『大地の子』だ。主人公は幾度かの危機を、中国人の養父による献身的な保護で何とか克服する。主人公は、心から養父に親孝行したいと願い、優秀な成績で学業を修め、仕事でも有能な成績を残す。

 養父は学校の先生という設定だが、特に主人公に勉強を教えるといったシーンはない。ただ、主人公が養父の信頼にこたえようと懸命に努力したに過ぎない。この養父がいなければ主人公はここまで努力しなかっただろう、と信じることができた。けれどそれがなぜなのか、うまく言語化できなかった。

『赤毛のアン』も『大地の子』も小説だ。架空の物語だ。だから本当は実例を示すべきなのだろうが、案外、実話の方が脚色が強いことも少なくないから、「きれいごと」に感じることがある。その点、小説は架空だからこそ、赤裸々に人間の暗い部分も描くことができる。人気のある、長く愛されてきた小説は、現実よりも現実をうまく切り出していることがある。この二つの小説から、さもありなん、と私が感じたのには、理由があるのだろう。指導者よりも優れた人間になる秘訣。この二つの小説にはそれが隠されているように感じられたが、うまく言語化することが当時はできなかった。

「驚く感性」こそ重要

 ある日、父から薦められてレイチェル・カーソン著『センス・オブ・ワンダー』を読んだ。自然界の美しい写真が並んだ写真集といったほうがよいような体裁で、掲載されている文章は、ごく短いもの。けれど、この本を読んで私は衝撃を受けた。「そうか、「出藍」の秘訣はここにあったのか!」

 その本でカーソンは、甥のロジャーと共に夜の海辺や雨の森に探検に出かけ、自然の雄たけびのすさまじさ、露に輝く美しさに心震わせる。波打ち際を共に歩き、ヒトデやカニを見つけては、二人にだけ通じるニックネームをそれらにつけ、楽しむ。そんな姿を描いている。

 その中で大変衝撃を受けたのが、次のようなくだり。カーソンは、生物の名前を覚えることは重要ではない、それよりも、自然の不思議さ、生命の神秘さに目を瞠り、驚く感性(センス・オブ・ワンダー)こそが重要だと指摘した。

 私はそのくだりを読んで、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けた。それまで私は塾で、いかに子どもたちに物事の名前や年号を覚えさせるかに腐心してきた。ところがカーソンは、そういうことは重要ではないという。それよりも、共に自然や生命の美しさ、神秘さに共に驚き、楽しむことが重要なのだという。

*写真はイメージです


子どもと一緒に自然に神秘に驚いてみる

 そういわれてみると、思い当たるフシがある。次のような経験をしたことがあるからだ。

 和歌山県すさみ町に海水浴に行ったとき、夕方になって帰ろうとする親子がいた。「せっかくだから、星空を眺めてからにしませんか。ここは本当に星がよく見えるんですよ」と声をかけると、星を見てから帰ろうか、ということになった。

 食事を終えて、電気を全部消した。真っ暗闇。やがて、空の様子が見えてきた。

「あら〜残念、曇っているみたいですね」という。

 私は「違いますよ、あれ、雲じゃなくて天の川。霞みたいに見える一つ一つが星ですよ。暗い星まで見えるから雲みたいだけど、見ていたら、雲は動くけれど、星は全然動かないですよ」

「いやいや、あれは雲でしょ?」。信じようとしない。が、しばらく見つめていると、小さなちぎれ雲がそれなりの速度で空を動いていくのに、雲と思った全天の「なにか」は、動かない。

「え・・・これ、ぜんぶ星なんですか・・・へええ・・・」

 お父さんお母さんがすっかり魅了されているのを感じて、どうやら大変なものを目撃しているらしい、と感じている男の子。

*写真はイメージです


「あ、ほら、あれ、人工衛星。他の星は動かないけれど、あれだけものすごくゆっくり動いているでしょ。飛行機は早いけど、人工衛星はものすごくゆっくり動きます」

「え! 人工衛星って見えるんですか!」またまた驚くお父さん。

「我々は、地球の影にいるから夜ですけど、人工衛星はずっと空高く打ち上げられているから、まだ太陽の光が届いて、こうして反射して光って見えるんですね」

「はあ、あそこはまだ昼なんですか! へええ!」

 人工衛星を凝視する男の子。

「一番近くの恒星でも、4光年ほど離れているんですって」

「こうねん、ってなんですか?」

「光って、1秒間に30万キロ進むんですって。そんなに速い光なのに、1年かかる距離が1光年。4光年は、その4倍」

「え! そんなに遠いところから見えているんですか!」

「不思議ですよねえ、いま、我々が見えているのは、あの星の何十年、何百年も昔の光だから、もしかしたら今頃は爆発してなくなっているかもしれないんですもんねえ」

「え! 今の姿が見えているんじゃないんですか! へええ!」

 なんだかすごく不思議ですごいものを見ているのだ、と、ますます星空を真剣に眺める男の子。

 結局その親子は、私たちが眠ることにしてもなお、夜空を眺め続けていた。翌日、私たちが帰ろうとすると、「せっかくだから、今夜も星空を眺めようと思います」と言って、その親子は残っていた。

 私は思った。「あの男の子、きっと宇宙好きになるな。テレビや本で星に関するものを見つけたら食いつくようになり、私の知識なんかあっという間に追い抜くだろうな」と。

 ここで肝心なのは、いろいろ豆知識を披露した私ではない。自然の不思議さ、神秘さに目を瞠り、驚きの声を上げていた男の子のお父さん、お母さんの姿だ。どうやら自分の目の前にしているものは、とてつもなくすごいものであるらしい、と感じると、子どもは強い関心を持つ。知りたいと願うようになる。それが強い学習意欲へとつながる。

 そう、「出藍」の秘訣は「驚く」ことにあるのだ。教えるなんて必要はない。世の中にはいろんな本がある。教材がある。指導者の自分が教えなくても、子どもが関心を持てば、いくらでも自発的に学ぶための材料は世の中にある。

 それよりも、自然の不思議さ、生命の神秘さに目を瞠り、共に驚き、共に楽しむことの方が大切。世界って、美しい。面白い。そう子どもが共感したとき、自然に学ぶ意欲は生まれる。「知らない」を「知る」に変えたくなる。学習意欲は、「センス・オブ・ワンダー」が源泉だと言える。

子どもは大人を「驚かせる」のが大好き

 それともうひとつ、子どもの成長に「驚く」ことも、学習意欲にドライブをかけるもうひとつの秘訣だ。『赤毛のアン』のマシューや、『大地の子』の養父は、主人公の成長に驚き、楽しんでいた。それらの作品の主人公は、自分の成長で驚かせたくて、楽しませたくて、喜んで学んでいた。そう、子どもは「驚かせる」のが大好きだ。

 これは恐らく、赤ん坊の頃の原体験が基礎になっている。私たち大人は、赤ん坊に何も教えることができない。言葉が通じないから、歩き方も、言葉の話し方も、教えようがない。ただひたすら、成長を願うしかない。そしてある日、片言を発したり、両足で立ったりしたとき、驚き、手を叩いて喜ぶ。それが赤ん坊はうれしくて、もっと言葉を話そうとする。立とう、歩こうとする。大人たちを驚かせたくて。

*写真はイメージです


 これは恐らく、子どもだけでなく大人になっても、いや、老人になっても残る感情だ。自分の成長で人を驚かせたい。こんなワクワクする楽しみは、なかなか他にない。

 そう。指導者を超える弟子を育てる方法とは、「驚く」ことだ。相手が子どもなら、自然の不思議さ、生命の神秘さに共に驚き、楽しみ、この世界は美しく、そして面白いという感覚(センス・オブ・ワンダー)を育むこと。それが学ぶ原動力になる。


 そして相手が子どもでも、あるいは大人であっても、学習意欲、成長意欲に火をつける方法は、「驚く」こと。もう少し細かく表現するなら、その人が取り組む工夫、努力、苦労に驚き、面白がること。

「え! それどうやってるの? へえ! うまいことやったねえ! 面白い!」

 相手の施した工夫に驚き、面白がると、もっと工夫を重ねよう、そしてそれで驚かせてやろう、と、学習意欲、成長意欲にドライブがかかる。教えようとしなくっていい。ただただ、相手の工夫、努力、苦労に驚き、面白がっていればいい。


 拙著『自分の頭で考えて動く部下の育て方』や『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』は、前者が部下の指導を、後者が子育てを念頭において執筆したものだが、両方とも「出藍」をいかにして実現するか、ということを目指している。子どもや部下の工夫に驚き、努力することに驚き、苦労をいとわないことに驚く。そして、共に目の前の現象を面白がる。そうすれば、部下も子どもも、成長意欲にドライブがかかる。そうなれば、あなたの能力とは無関係に、部下や子どもは自らの力で成長し始める。

 指導者の至上が、指導者よりも優れた弟子を育てることにあるのなら、恐らくは「驚く」ことこそ、「出藍」の秘訣であるように思う。この秘訣を、もっと多くの人たちに知っていただきたいと強く願っている。

筆者:篠原 信