小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”

写真拡大

 名古屋市の小学校の男子児童が同級生6人から現金を要求され、20万円ほどを支払っていたことが分かりました。教育委員会はいじめの「重大事態」と判断しました。

 「いじめ」を受けていたのは名古屋市立の小学校に通う5年生の男子児童です。市教育委員会によりますと、男子児童は8月から10月にかけて同じクラスの男子児童6人から「お金を持ってこないと遊ばない」と現金を要求されました。男子児童は家の貯金箱から無断で現金を持ち出し、ゲームセンターなどで自分の分も含め10万円から20万円ほどを支払いました。男子児童の母親から学校へ相談があり、発覚しました。市教育委員会はいじめの「重大事態」と判断し、いじめ対策検討会議に報告するとしています。