ウェブサイトやフリーペーパーなどを作る際に無料で高画質の写真は必須。2019年11月29日の「いい肉の日」に宮崎県小林市が公開したお肉のフリー素材サイト「oniku images」は、その斜め上の完成度が話題を呼んでいます。

お肉のフリー素材サイト oniku images|宮崎県小林市

http://www.tenandoproject.com/onikuimages/

トップページはこんな感じ。画面をスクロールしていくと……



まずは「肉画像には無限の可能性がある。その可能性の一端を、追求してみました!」ということで、独特のテーマに沿った「oniku museum」というカテゴリが現れます。「あの待ち受け肉」「新肉発表会」といったタイトルと共に、どこかで見たような気がする画像が並びます。



美しく配置されたお肉の前に黒いタートルネックの男性が立った「新肉発表会」をクリックしてみると……



ウェブ用のSサイズ(1280×853px)、印刷用のLサイズ(5760×3840)の2種類がダウンロード可能でした。ファイル形式はRGB形式のJPEG画像となっています。



「あの待ち受け肉」はiPhoneの待ち受け用として作成されているようで、iPhoneサイズ(1242×2688px)と汎用サイズ(1080×1920px)が用意されていました。



oniku museumには他にどんなお肉画像があるのか?と見てみたところ、「水槽がある居酒屋にありそうなお肉」や……



「ボーボボボボボーボ」や……



「マンションポエ肉」もありました。



画面をスクロールして流し見しているだけでも楽しめます。「SNSカスタマイズ肉」もあったのでクリックしてみたところ……



「近日公開」とのこと。準備中の画像も混ざっていました。



さらに「oniku gallery」には、プロが撮影した正統派のフリー素材たちが並んでいます。



霜降りのステーキ肉に……



鉄板の上で焼かれるサイコロステーキ。



「動きのあるお肉」シリーズもありました。



「oniku poster」には……



お店などでそのまま使えそうなメッセージ性のあるお肉ポスターがありました。



通常のフリー素材サイトと同様に画像検索も可能です。ウェブサイトの最上部にある検索欄をクリックしてみると、「アート」「ベンリ」「コミュニケーション」「セクシー」「豆知識」「既視感」といった選択肢が現れます。「セクシー」をクリックすると……



2件の検索結果が表示されました。



なお、oniku imagesは宮崎県小林市が「いい肉の日」に開設したウェブサイトであり、写真のお肉は小林産黒毛和牛100%とのこと。利用規約には「回数や媒体の制限なく広告宣伝や販売促進を目的とした利用を含め、利用地域と利用期限の制限なく何度でも利用することができます」と示されていますが、「コンテンツを小林市産和牛以外の産地を明記しての利用」は禁じられています。