女性殺害の男に無期懲役を求刑「快楽殺人者で再犯の恐れが強い」と指摘

ざっくり言うと

  • 2006年に川崎市のトンネルで女性を殺害した罪に問われた男の裁判員裁判
  • 検察側は「快楽殺人者で再犯の恐れが強い」として男に無期懲役を求刑した
  • 男は女性の苦悶の表情を見たいがために犯行に及んだなどと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x