スノボ国母被告、保証金300万円で保釈へ

写真拡大

 大麻取締法違反などの罪で起訴されたプロスノーボーダーの国母和宏被告(31)について、東京地裁は保釈を認める決定をしました。

 オリンピックのスノーボード元代表・国母被告は去年12月、国際郵便でアメリカから日本に大麻の加工品約57グラムを販売目的で密輸した罪で先月27日、起訴されました。国母被告の弁護人が保釈を請求したことを受け、東京地裁は保釈保証金300万円で国母被告の保釈を認める決定をしました。保釈保証金が納付され次第、国母被告は勾留されている警察署から保釈される見通しです。