【ASTRO】「AROHAが僕たちの光」――ファンと楽しんだ“パーティー”をレポート

写真拡大

韓国出身の人気ボーイズグループASTRO(アストロ)がイベント「2019 ASTRO JAPAN FANPARTY TOUR〜Wanna Be My Star〜」を開催。11月15日に神戸国際会館こくさいホール、16日にパシフィコ横浜 国立大ホールにて計4公演を行い、1万2000人のファンと至福の時を過ごした。ここでは16日の1部公演の模様をお届けする。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

笑顔いっぱいのトークコーナー

暗転した場内をAROHA(=7ASTROのファン)が手にするペンライトが彩り、今か今かと開演を待ちわびる中、1階席の両サイドの扉からメンバーが登場! いきなりの超至近距離のファンサービスに、悲鳴にも似た歓声が上がった。

ステージに上がり、さっそく『Every Minute』を披露したメンバーたちは「印象は冷たいけど実は温かみのある男のラキです」、「久しぶりだなあ〜! 思い出をプレゼントしたい男、ジンジンで〜す!」、「2階も3階もこんにちは! ASTROのイケメン、チャ・ウヌです(照)」、「今日からダイエットするMJです」と挨拶。

最後に自己紹介した末っ子のユンサナは、「日本語の勉強を頑張っていますよね」というMCの言葉に「まだまだで〜す!」と日本語でほんわかと返し、笑いを誘った。この日はメンバーのムンビンが健康上の理由で欠席。リーダーのジンジンが「ムンビンくんの分まで一生懸命頑張ってステージを作っていきたいと思います。皆さんも一緒に遊んでくださいね。FANPARTYイェ〜イ♪」と呼びかけ、トークコーナーがスタート。

ユンサナ&MJのREDチームと、チャウヌ&ラキ&ジンジンのBLUEチームに分かれ、まずは『僕を当ててみて<ASTRO TMI QUIZ>』と題したメンバーに関するクイズで対決。「MJが起きて最初に飲む物は?」という質問に、回答するマイクまでバランスボールにまたがってぴょんぴょんと進んでいくメンバーたち。「水1杯」「漢方」などさまざまな回答が出たが、正解は「乳酸菌」と全員不正解。それでも、クイズそっちのけで無邪気に飛び跳ねる姿に、客席は笑いと黄色い歓声で包まれた。

その後も一人ずつクイズを出題。ユンサナが2問正解し、REDチームがリードしていたが、ジンジンが決死の愛嬌(?)を披露し、最終問題は3ポイント獲得できることに。「サナは○○兄さんと○○する時に気を使う」という最終問題を、ラキが「MJ兄さんとご飯を食べる時」と正解。見事、BLUEチームが逆転勝利した。

ユンサナは「MJさんは食べるのが速いので、僕も一緒に急いで食べたほうがいいのかなと思うから」と説明。末っ子らしい理由に、MJは「速く食べればほかのメンバーの分もとって食べられるんです!」とユーモアたっぷりに返して会場を盛り上げた。

次の『変則卓球対決』では、クイズで勝ったBLUEチームからラケットを選択。ジンジンは卓球ラケット、ラキはスリッパ、ウヌはフライパンをチョイス。REDチームは残されたおぼんとおたまで応戦した。BLUEチームがポイントを先取しながらも、おたまを選んだMJが大健闘! 予想外の展開にメンバーも大盛り上がりで、BLUEチームがマッチポイントを迎えてからも、REDチームが1点を返す大接戦。最終は7対10でBLUEチームが2連勝したが、秘められたMJの実力が明かされたコーナーとなった。

最後に用意されたUFOキャッチャーを使った『プレゼントコーナー』では、チャウヌが「AROHA、何がほしい?」と彼氏感たっぷりに聞いて、見事リクエストに応える場面も。さらにMJは一気に2個吊り上げたりとミラクルを連発し、両チーム合わせて8個のぬいぐるみをゲット。抽選で選ばれたファンにプレゼントした。

後半はパフォーマンス ASTROの魅力が最大に輝く!

後半は、黒と白を基調にしたカジュアルな衣装に着替え、ASTROの魅力が最大に輝くパフォーマンスの時間へ。『All Night』『告白』『붙잡았어야해(引き留めておくべきだった)』など韓国の人気曲の連続に、会場からは曲に合わせた掛け声が送られた。さらに日本メジャーデビューミニアルバムから『花咲ケミライ』も歌い、熱気は最高潮に到達。

「久しぶりの公演で僕たち緊張しましたが、大丈夫でしたか!? いつも成長する人になります。期待してください。愛してる」(ラキ)

「僕たちを受け入れてくれた皆さんのおかげで朝から天気もよかったんだと思います。これからもたくさん応援して愛してください。カムバックも期待してください」(MJ)

「こんなに大きな舞台は初めてだけど、たくさん来てくれてありがとうございました。日本語を勉強しているところだけど、まだ間違いが多くて、僕が知らない単語があったら教えてください。天気が寒いから風邪に気をつけてください」(ユンサナ)

「『BLUE FLAME』でのカムバックがもうすぐです。FANPARTYとアルバムの準備を一生懸命頑張りました。ゆっくりでもいいから、ずっとずっとこれからも長く会いたいです。ダイスコ」(チャウヌ)

と、FANPARTYを振り返った。韓国で11月20日に発表された6thミニアルバムにかけて、ファンと一緒に「『BLUE FLAME』ファイト!」と叫び、最後の2曲『I’m on your side』『I’ll Be There』をパフォーマンス。客席からは「ASTROは私たちの光」と書かれたスローガンが一斉に上がり、メンバーへのサプライズがプレゼントされた。

チャウヌは「びっくりしました。AROHAが僕たちの光」とにっこり。ジンジンも「ゆっくり歩いていきますから、疲れたら休んでもいいですし、いつも横にいてくだされば、僕たちはAROHAを信じて待つ自信があります。あまり心配しないで、活動を頑張ってまた日本に来ますね」と約束。舞台袖ギリギリまで手を振りながらFANPARTYは成功裏に幕を閉じた。

12月21日発売「韓流ぴあ」1月号では、夜公演のレポートを掲載! また、美麗グラビアと楽しいインタビューも。さらに、1月22日発売からは短期集中連載もスタート!! 合わせてチェックを。

なお、「2019 ASTRO JAPAN FANPARTY TOUR〜Wanna Be My Star〜」神戸&横浜公演のベストショットを収めたサービス、セブン×メモカ実施決定! 詳細はメモカサービスまで。