少女を狙った誘拐事件が相次いでいる。先月23日(2019年11月)に大阪の少女(12)を誘拐した疑いで逮捕された栃木県小山市の伊藤仁士容疑者(35)に続き、27日には埼玉県本庄市の阪上裕明容疑者(37)が兵庫の女子中学生を、29日には東京都八王子市の小林政司容疑者(43)が愛知県の少女(14)を誘拐した疑いで逮捕された。

少女たちはなぜ誘拐犯の誘いに乗ってしまうのか。スッキリは家出少女たちの本音に迫った。

イケメンだったら行っちゃう」「野宿よりは安全」などの声が

家出経験のある女性は街頭インタビューに「イケメンそうだったらいいな。どうしようもなかったらお世話になるかもしれない」と答えた。家出経験のない女性も「野宿をするよりは泊まらせてもらえる家があった方が安心」「悩みを聞いてくれる人がSNSにいたら、行っちゃうかな」と答えた。最近は24時間で自動的に投稿が削除されるインスタグラムのストーリーズも使われているが、自動で消えることで恐怖心が薄まるという。

SNSに投稿する際、家出少女たちは見つかりやすいよう#家出少女、#神待ちといったハッシュタグを付ける。女子中学生からとみられる投稿をみると、わずか30分ほどで「泊めてあげる。下心ないよ」「神奈川だけど」「車で迎えに行く」といった返信が付いた。今回逮捕された容疑者たちも「家に来てのんびりしてください」などの甘い言葉で少女たちを誘い出していた。

SNS投稿をチェックし、相談や支援を行っているNPO法人、BONDプロジェクト代表の橘ジュンさんは「危険性もわかっていると思うが、自暴自棄になったり、切羽詰まったりした結果ではないか。SNSは悩みにすぐ反応があり、本音を語り合える場所という誤解がある」とSNSに頼る背景を語る。

「親の問題で悩んでいたら見知らぬ人に頼る」

橘ジュンさん「家族、学校で悩んでいる子は身近なところで相談できない。SNSは顔が見えないから本音を話せる。SNSでやりとりすることで『知らない人』という意識が薄まる」

小澤征悦(俳優)「近い人と話さないと解決しないと思う。使い方によって事件に発展してしまう」

橘ジュンさん「夜、街のなかに18歳未満の人が安全に過ごせる場所がない。寒かったりお金なかったりお腹すいたりするとSNSに頼ってしまう」

司会の加藤浩次「危ないのはわかっているが暖かいところに行きたい」

ではどうすればいいのか。橘さんは「口論が絶えない親子は親も頭を冷やし、場合によっては親が子供と距離をおくことも重要」と語る。子供は一方的に言われていると思ったら家出をしてしまう。子供が家出をするより、親が外出して気持ちの整理をすることが重要だという。

みっちゃん