無罪主張の新井浩文被告 懲役5年の判決を不服として控訴

ざっくり言うと

  • 強制性交の罪に問われた新井浩文被告に、東京地裁が懲役5年の判決を下した
  • 裁判長は「被害者を傷付けた責任は取らなければなりません」と話したという
  • 新井被告はこの判決を不服として、即日控訴したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x