何この壮絶人生?虐待児→黒ギャル→年収8000万の「ねこあや」が語る
 YouTuberとして人気急上昇中の「ねこあや」(25歳)さんを知っていますか? キュートな見た目とは裏腹に、言いたいことをズバズバ言う語り口がウケてチャンネル登録者は42万人。

 11月には、『中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ』という衝撃的なタイトルのフォトエッセイを上梓しました。単なるギャルの自伝ではなく、メッセージがたくさん詰まっている同書。さっそくご本人に、インタビューしました。

◆1歳で実母が病死して、日本へ

<ねこあやさんは1994年、スペイン生まれ。母はスペイン人で、父は誰だか不明だけど中国と日本のハーフらしい。ところが1歳3カ月の時に母が病死。そのため、日本人と結婚して日本に住んでいた、母の姉・ジェニーに引き取られました>

――本では、極貧の家庭環境、黒ギャル時代の荒稼ぎ、婚約者の死など、赤裸々な25年が書かれています。中には、母(ジェニー)や兄による虐待など、衝撃的な内容も。こうした過去を公表することでマイナスになるとは考えませんでしたか?

「プラス8でマイナス2かな。この比率、大事で。私はYoutubeでバーン出て、この顔で『今日は化粧品紹介しますー』って言っても普通なんですよ。この見てくれで、タバコバカスカ吸いながらギャンブルや下ネタの話しかしない」

――笑。

「ね、その時点で笑っちゃってるじゃないですか。この意外性が気持ち悪いって去っていく人もいるけど、受け入れられた瞬間、タダのファンよりも強いファンになるんです。

 よく、『根はいい奴なんですよ』って言うけど、上に咲いてる花がクソだったら、誰も土の中の根っこなんか見ません。私の場合は、今咲いてる花が綺麗に見えてるから、虫や蝶が寄ってきてくれる。みんな蜜を吸いたいから。
 でもそこで『実は、クソにタネ植えて花咲かせてるんですよ』っていう、クソの部分を見せようと思って。(ファンのうち)2割削って、20割呼び込むっていう戦略ですね」

◆15歳で親に捨てられたらパラダイスだった

<幼少期、母の月収7万円で団地暮らしだった彼女。小1からすべての家事をやらされ、革ベルトで叩かれる、リストカットを命じられる、兄に金属バットで顔面フルスイングされる、など壮絶な虐待を受けます。同書ではそれがギャル言葉で笑い話みたいに書かれているのですが…>

――虐待のあげく、15歳のときに、親が突然出ていってしまうわけですよね。でも、ねこあやさんはポジティブで明るくて、恨みや“被害者意識”のようなものが全然感じられない。なぜですか?

「10代半ばまでは恨みを持ってたし、悲壮感漂う子どもだったと思います。
 これは本を作りながら気付いたんだけど、私って、心を殺して生きてきて、15歳で親に捨てられてから初めて人格や自主性が構築されていったんです。15歳で初めて人間として生まれたんです。
 親がいなくなった瞬間からクソパラダイスだったから。傍から見たら親いなくなって可哀想、お金なくて可哀想って感じだったけど、ハッピーハッピー、天国でしかなくて。だからハッピーな人間になれたんだと思う」

――そう割り切れるのってすごいです。

「でもね、たまにフラッシュバックじゃないけど、友人にもそういう経験した子っているんですけど、口を揃えて言うのが、訳もなく感情が乱れちゃったり、突然涙が出たりとか。ほんとに突然来るんですよ、苦しんじゃうことが。これってたぶん、私が金持ちになろうが、幸せになろうが、死ぬまで一生変わらない。
 でもこれしょうがないのよ、ピーパー言ったって。これが私の半分だから。発作起こしそうになったら眠剤飲んで寝ようねっていう」