優勝カップを手にする岩田主将(右から2人目)

写真拡大

【ブラインドサッカー東日本リーグ2019 第7節 ロービジョン(弱視クラス)】(1日、文京区小石川運動場)
Grande Tokyo 1-1(前半0-0)CA SOLUA 葛飾

得点者
[Grande Tokyo]
岡晃貴(後半16分)
[CA SOLUA 葛飾]
岩田朋之(後半10分)

試合のハイライト映像はこちらです


CA SOLUA 葛飾がGrande Tokyoと1-1で引き分け、東日本リーグロービジョンフットサル(B2/3)クラスで初優勝した。CA SOLUA 葛飾は日本代表の主将、岩田朋之が後半10分に先制ゴール。後半16分にGrande Tokyoの日本代表、岡晃貴のゴールで追いつかれたが、その後はゴールを許さず、今季4戦無敗で初優勝を飾った。

 「チームとして同じベクトルを向いてピッチの中でリーグ戦を通してできたかなと思います。チームの最年少が16歳、私が最年長33歳で、しかも今季から2人選手も加わり、クラブとして普及活動する中で優勝できたのが嬉しい」と喜びを語った岩田主将は4日、日本代表として、トルコで行われる世界選手権へむけて旅立つ。

 「僕にとっては4回目の国際大会でいずれもキャプテンをやらせてもらった。これまでは、(日本のシーズン中ではない)5月とかに開催されてコンディション的に難しかった。今までで一番自然体でのぞめそうです。寄付活動などでいろんな方に支援していただいて、その気持ちも自然に持つことが出来る。これまでで最高船籍となる2勝してベスト4に入りたいです」と決意を新たにしていた。

先発メンバー
[Grande Tokyo]
GK1山崎裕之
FP3篠崎直也
FP6辻一幸
FP7竹村和志
FP10角谷佳祐
監督山崎裕之

[CA SOLUA 葛飾]
GK12成田晃介
FP5大平英一郎
FP9丸山哲生
FP10岩田朋之
FP11篠瀬翔平
監督古川将士
【注】番号は背番号。選手は前半の先発メンバー

葛飾は試合後、あらかじめ作っていた優勝記念Tシャツを着た

(取材・文 林健太郎)