なぜリンパの流れを良くすると身体にいいのか知っていますか?

写真拡大 (全3枚)

 今日は「リンパ」に、ついて書いてみようと思います!


 皆さんリンパという言葉はとても有名ですが、でも実際にどういうものなのか、どうしてリンパの流れを良くすると身体にいいのか、ご存知ですか?

僕は学校で習ってようやく理解できました!

理屈を知って身体のケアをした方が絶対に効果がアップすると思うので、今日は紹介させて頂きます。

1.リンパって何者?

血液には血しょうという成分があります。

血しょうの一部が血管の外に染み出してしまったものをリンパ液といいます。

リンパ管とは体内の内臓や皮膚などに網の目状に広がっています。

リンパ液がリンパ管に吸収されることで体内いっぱいにリンパ液が流れられるのです!

2.リンパ節って?

リンパ管がたくさん集まったところです。

全身に800個ものリンパ節があります。

だからリンパはこのリンパ節に向かって流すことが重要なのです!!!

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/

3.リンパの流れを良くするには?

・マッサージをすること

 入浴時か入浴後がオススメです。

・塩分控えめカルシウム多め

 日本人は他の国に比べて食塩を摂る量が多いです。

 塩分は控えましょう!

・運動をする

 自分で動いてたくさん汗をかきましょう。

・姿勢を正しく

 姿勢が悪いと血液循環が悪くなるように、リンパの流れも悪くなります。

 それに姿勢が正しい方がかっこよく、美しく見えますよね。

リンパの流れをよくするためのマッサージと同じくらい普段の生活が意識できるといいですね!

[文:meilong スタッフ]

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://meilong.amebaownd.com/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに100件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。
世に鍼灸を広めたくmeilong恵比寿院をオープン!