秋のダート王決定戦となるGIチャンピオンズC(12月1日/中京・ダート1800m)。2014年に前身のジャパンCダートから名称が代わり、舞台も中京競馬場に移ってからは、より荒れ模様となっている。

 3連単は過去5年のうち4回が、7万円以上の好配当を記録。穴党としては、俄然気合の入るレースと言えるだろう。

 さて今年、人気の中心になりそうなのは、クリソベリル(牡3歳)。デビュー以来5戦無敗と、ダート路線の勢力図を一気に塗り替える”新星”候補として、大いに注目を集めている。

 しかし、そんなクリソベリルに対して、疑問視する声が少なからずある。スポーツ報知の坂本達洋記者は、「本当の完成は、まだ先なのでは」と言って、こう続ける。

「(クリソベリルは)500圓鯆兇┐詬座腓頁和里如△いにもパワフルな走りは将来性を感じさせ、どんなレースをするのか、非常に興味深いです。マリアライトやクリソライトなど、兄姉に活躍馬が多いゆえ、素質があるのも間違いないでしょう。ただ、これら兄姉が本格化したのは、古馬になってからなんですよね。

 また、古馬と初対戦となった前走、地方交流重賞のGII日本テレビ盃(9月23日/船橋・ダート1800m)で、きっちり勝ち切ったのは見事ですが、いかんせん相手関係が楽でした。派手に見える成績を鵜呑みにして、高評価を下すのはどうなんでしょうか」

 デイリー馬三郎の木村拓人記者も、クリソベリルについて「1番人気では買いたくない」と話し、同馬への懸念を示す。

「ここまでのレース内容そのものに問題はないのですが、そもそもダート中距離路線において、3勝クラス(旧1600万下)以上で活躍している3歳馬があまり見当たらない。つまり、3歳世代のレベルに疑問があります。

 前走で古馬をやっつけたといっても、相手はロンドンタウン(牡6歳)。同馬が今回のメンバー相手にどこまでやれるか? というと、かなり厳しいと思うんですよ。そうなると、やはり(クリソベリルを含めた3歳世代の)レベル的な疑いが拭えません。

 もちろん(3歳馬で快勝した)昨年のルヴァンスレーヴのように、あっさりということも考えられますが、それを加味しても、1番人気では『オイシイ存在』とは言えないと思います」

 こうした評価のとおり、クリソベリルに不安があるとすれば、今年も穴馬の台頭は十分に考えられる。その候補となるのは、どんな馬だろうか。

 坂本記者は、「カギを握るのは、今年のGIフェブラリーS(2月17日/東京・ダート1600m)を制したインティ(牡5歳)でしょう」と言って、まずは今年のレース展開について分析する。

「インティは休み明けの前走、GIIIみやこS(11月3日/京都・ダート1800m)では力んだ走りでオーバーペースの流れを作ってしまいました。メンバー最重量の斤量59圓鯒愽蕕辰討い燭海箸發△辰董15着に沈んだのは仕方がないでしょう。そんななか、上位3頭はすべて差し馬。力勝負と言うより、”かなり特殊なレース”だったと言えます。

 そうした競馬のあと、今回はインティが自分のペースを刻むような形に持ち込めば、ペースは落ち着くはず。ということは、中京・ダート1800mのコース形態から、本来の逃げ、先行馬が有利な展開になる――そんな騎手心理が働いてもおかしくありません。

 となると、今年は決め手のある馬がそろっていますが、それらに騎乗する騎手の心理は『(前が)届く位置へ』と働いて、3コーナー過ぎからペースアップする可能性があります。さらに、インティがマイペースで逃げても、先行勢が早めに捕らえにいくことが想定され、同様の展開となり得ます。結局、インティにとって、楽な競馬になるとは限りません」

 要するに、差し・追い込み勢が多いなか、一見するとインティや先行勢にとって優位な展開になりそうに見えるが、インティの出方を読む騎手心理を推測して判断すると、かなりタフなレースになるということ。そこで、坂本記者は「自在性や折り合いに不安のない、ワンダーリーデル(牡6歳)に注目しています」と言う。

「前走のGIII武蔵野S(11月9日/東京・ダート1600m)では、直線の長い東京コースにあって、4コーナーの勝負どころから長く脚を使うという、力がなければできない勝ち方を見せました。

 加えて、初めてコンビを組んだ横山典弘騎手が、『(ワンダーリーデルには)自在性があると見ていた。距離は(延びても)心配ないと思います。コントロールが上手な馬ですから』と、レース後の勝利ジョッキーインタビューで話していたとおり、いろんな流れに対応できる器用さがあることは間違いありません。有力馬の一瞬の隙を突いて、上位に食い込むシーンが頭に浮かびます」

 一方、木村記者は、チャンピオンズCというレースの特徴について、こんな見解を披露した。

「このレースは、”結果的に”内でじっとしていた差し馬が(上位に)来やすい傾向があります。言い換えると、いい意味で色気を持ちすぎず、”勝ちにいかない”タイプが好走しやすい」

 そのうえで、狙い目となる馬については、「外国人騎手を乗せて”勝負にいく”馬とは、ちょうど対照的な馬」と語り、みやこSでワンツーを決めたヴェンジェンス(牡6歳)とキングズガード(牡8歳)の名前を挙げた。

「キングズガードは前走、2年前も3着となった実績のあるみやこSで、これまた実績のあるハイペースとなり、2着と好走。近走の成績から、力が劣るように見せかけて、いい意味で”セコい”乗り方をしたのが功を奏しました。

 同レースを勝ったヴェンジェンスも、4コーナーからガーンといったことがうまくハマりました。鞍上の幸英明騎手が『器用ではないので、ロスのないように(乗った)』とコメントしているように、仕掛けどころをしっかりと待つことで結果につながりました。

 それぞれ、今回も”色気を持たない”レース運びができれば、面白い存在だと思います。みやこS組はなぜか目立ちませんが、この2頭は狙う価値があります」

 木村記者はもう1頭、「モズアトラクション(牡5歳)が気になる」と言う。当初「枠次第」と話していたが、実際に1枠2番に入って、一段と期待が膨らむ。


好枠を引いて、一発の期待膨らむモズアトラクション

「快勝した2走前のGIIIエルムS(8月11日/札幌・ダート1700m)でもそうでしたが、終(しま)い勝負の馬。内でうまく立ち回れば、その再現は十分にあると思いますよ」

 モズアトラクションについては、坂本記者も推奨する。

「前走のGIIIシリウスS(12着。9月28日/阪神・ダート2000m)は、かなり縦長の隊列で、3角あたりから出入りが激しい競馬となりました。モズアトラクションはちょっと気難しい面を持っている馬のようで、自分のリズムでいけなかったことが、末脚不発につながったのではないでしょうか。

 初重賞制覇を飾ったエルムSは、ドリームキラリとリアンヴェリテの逃げ争いで自然とハイペースになり、そのなかで、うまく流れに乗って、立ち回ることができました。おかげで、ロングスパートを駆使して、豪快な差し切り勝ちを収めました。

 そのレース後、鞍上の藤岡康太騎手が『リズム自体はすごくよかったですし、流れも速くなってくれ、この馬にはいい展開だった』と語ったように、今回もかみ合えば、ハマる感じがします」 有力馬ひしめく古馬ダート路線だが、絶対的な王者がいない状況とあって、波乱ムードが充満している。人気馬の間隙を突いて、高配当をもたらす馬が、ここに名前が挙がった4頭の中にいるかもしれない。