「江戸東京あかり展」東京で、光に照らされた「青森ねぶた」と“会話”する体感型展示

写真拡大

体験型アート展「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」が、東京・神田明神文化交流館の「EDOCCO STUDIO」にて、2020年2月9日(日)まで開催される。

“あかり”テーマの体験型アート展

「江戸東京あかり展」は、“あかり”をテーマに、アート作品にアトラクション要素を組み合わせた“体験型”展覧会だ。会場は、“あかり”が灯る7つのエリアで構成。日本を代表する悪役として知られる吉良上野介の声とともにストーリーが展開され、来場者は妖怪がひしめく奇妙な“あかり”の空間を進むことになる。

光と鏡が鮮やかな空間を織りなす「神田明神の地下」から始まる展示には、ネオンの光で彩られる「異界の門」や、妖怪絵師・満尾洋之らの妖怪アートが広がる「百鬼夜行」など、不思議な“あかり”に照らされた空間が次々に現れる。

最後に待ち構える「決断の間」では、来場者の呼びかけに呼応する「青森ねぶた」などの巨大作品が登場。来場者の選択によりストーリーが進むシーンもあり、答えにより異なる結末が待ち受ける演出も見どころの1つだ。

アートとともに楽しむカクテルバーも

さらに会場内には、サントリーとのコラボレーションによる「あかりのクラフトカクテル バー(BAR)」が期間限定でオープン。切り絵作家・早川鉄兵による繊細な切り絵アートに包まれながら、スピリッツやリキュールを使用したカクテルを楽しむことができる。

概要

「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」
会期:2019年12月7日(土)〜2020年2月9日(日)
時間:月〜木 10:00〜19:00(最終入場 18:30)、金〜日 10:00〜20:00(最終入場 19:30)
※2020年1月1日(水)〜3日(金)および祝日は20:00閉場(最終入場は19:30)
会場:神田明神文化交流館 地下1階「EDOCCO STUDIO」
住所:東京都千代田区外神田2丁目16-2
入場料:一般 1,500円(前売り 1,300円)、小中高校生 1,000円、未就学児 無料

■あかりのクラフトカクテル バー
期間:2019年12月7日(土)〜2020年2月9日(日)
時間:月〜木 15:00〜19:00(L.O. 最終入場まで)、金〜日・祝 14:00〜20:00(L.O. 最終入場まで)
展開メニュー例:六ソーダ、白モスコミュール、山崎焙煎樽熟成梅酒ソーダ 各500円(税込)
[写真付きで読む]「江戸東京あかり展」東京で、光に照らされた「青森ねぶた」と“会話”する体感型展示

外部サイト

  • 国立新美術館で「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」横尾忠則や皆川明らの作品と古典を対比
  • 特別展「きもの KIMONO」東京国立博物館で、鎌倉時代〜現代の着物など200件以上が集結
  • チームラボのアート展が日本三大夜城・高知城で、“光のアート”で包む国の重要文化財