コンゴ民主共和国ではしかが流行 2019年には5000人超が死亡

ざっくり言うと

  • 6月にはしかの流行を宣言し、緊急予防接種運動を開始したコンゴ民主共和国
  • WHOによると、2019年に入ってこれまでに5000人以上が死亡したという
  • この数は、同国におけるエボラ出血熱による死者数の2倍以上に当たるそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x