「回転ジャングル」根元折れる 男子児童7人けが

写真拡大

 公園の遊具が根元から折れ、子ども7人がけがをしました。

 飯島町・下平洋一町長:「この度の事故に関しましては、その責任はすべて町にある」

 長野県飯島町が管理する公園で先月11日、小学生が「回転ジャングル」と呼ばれる遊具で遊んでいたところ、支柱の根元が折れて倒れました。当時、遊具に乗っていた男子児童7人がすり傷や捻挫などのけがをしました。1月に行われた専門業者の点検で町は「修繕が必要で、完了まで使用不可」と指摘されていましたが、対策を取っていませんでした。