新ユニフォームがお披露目となった、なでしこジャパン。11月10日の南アフリカ戦は2−0で勝利を収めた。写真:早草紀子

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)は11月29日、JFAハウスにて、12月10日から韓国で開催されるEAFF E-1(東アジア選手権)決勝大会に臨むなでしこジャパン(日本女子サッカー代表)のメンバー23人を発表した。 11月10日に行なわれた25人を招集した国際親善試合の南アフリカ戦からは、5人を変更。同大会期間は、国際Aマッチデーではないため、国内組が中心のメンバーとなった。 南アフリカ戦で代表110試合目にして初ゴールを挙げたキャプテンの熊谷紗希や、久々の代表復帰となった猶本光が海外組のため不参加。代わって代表入りを果たしたのは、開催国の韓国でプレーする池尻茉由や、三宅史織なども代表経験者で初招集となった選手はいなかった。 また、過去3大会3連覇中の北朝鮮だが、今大会は辞退しており不参加となっている。日本は12月11日にチャイニーズ・タイペイ、14日に中国、17日に韓国と対戦する。

 東京五輪前、最後の国際大会に臨むメンバーは以下の通り。


GK1 池田咲紀子(浦和L)18 山下杏也加(ベレーザ)21 平尾知佳 (新潟L)DF2 清水梨紗(ベレーザ)4 三宅史織(INAC)   5 南 萌華(浦和L)13 清家貴子(浦和L)16 宮川麻都(ベレーザ)20 松原有沙(ノジマステラ)22 土光真代(ベレーザ)MF3 栗島朱里(浦和L)6 杉田妃和(INAC)7 中島依美(INAC)10 籾木結花(ベレーザ)14 長谷川唯(ベレーザ)17 三浦成美(ベレーザ)19 遠藤 純(ベレーザ)FW8 岩渕真奈(INAC)9 菅澤優衣香(浦和L)11 小林里歌子(ベレーザ)12 池尻茉由(水原WFC/韓国)15 田中美南(ベレーザ)23 植木理子(ベレーザ)構成●サッカーダイジェストWeb編集部