バドミントン桃田賢斗 圧倒4強もビデオ判定に苦笑い「3分以上待たされた」

ざっくり言うと

  • バドミントンの桃田賢斗が全日本総合の準々決勝を2−0でストレート勝ちした
  • 同大会のビデオ判定の長さについて桃田は、「3分以上待たされた」と指摘
  • 「あれだけ時間がかかるならない方がいい」と持論を展開した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x