画像提供:マイナビニュース

写真拡大 (全2枚)

PHPデベロップメントチームは11月28日(米国時間)、「PHP: Hypertext Preprocessor|PHP 7.4.0 Released!」において、PHPの最新版となる「PHP 7.4.0」の公開を伝えた。このバージョンはPHP 7系の4つ目のフィーチャーアップデート版となる。

PHP 7.4.0の主な特徴は次のとおり。

クラスプロパティにおける型宣言のサポート

関数定義を簡略化するためのアロー関数の導入

制限された共変戻り値型と反変引数をサポート

Null合体代入演算子をサポート

配列内展開機能の導入

数値理テラス区切り記号を導入

弱い参照を導入

_toString()からの例外を許可するように機能を変更

Opcacheのプリロード機能導入

一部の拡張機能をCoreから削除

一部の機能を非推奨へ変更

PHP: Hypertext Preprocessor|PHP 7.4.0 Released!

PHP 7.4.0は次のページからダウンロード可能。

PHP: Downloads

PHP For Windows: Binaries and sources Releases

既存のPHP 7.3系から7.4系へ移行する方法は「PHP: Migrating from PHP 7.3.x to PHP 7.4.x - Manual 」に情報がまとまっている。今回のリリースによって、PHPデベロップメントチームがサポートするPHPはPHP 7.1系、PHP 7.2系、PHP 7.3系、PHP 7.4系の4シリーズになったことになる。

PHP 7.4系は、ベンチマークからこれまでのバージョンよりも高速に動作すると見られている。現在開発版とされているPHP 7.5系はさらにパフォーマンスが向上すると見られており、しばらくはリリースごとにパフォーマンスの向上が期待できる。