女子ハンドボール日本代表の田邉夕貴(右)と角南唯【写真:荒川祐史】

写真拡大 (全2枚)

世界選手権が30日に開幕、欧州でプレーした2人が語る意気込み

 来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をはじめ世界各地で前哨戦とも言える国際大会が目白押しだ。その1つが11月30日から12月15日まで熊本県を舞台に繰り広げられる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」だ。「おりひめJAPAN」の愛称を持つ日本代表は、初のメダル獲得を目指して決戦に臨む。

 すでに開催国として、44年ぶりの五輪出場を決めている「おりひめJAPAN」は、2016年に強豪デンマークからウルリック・キルケリー監督を招聘。中心選手に海外リーグでの経験を積ませてきたが、その中でも大きなカギを握るのが田邉夕貴、角南唯の両選手だ。今年から北國銀行でともにプレーする2人は、それぞれヨーロッパのクラブチームを経験し、強豪国が強豪国たる所以を肌で実感してきた。

 田邉は京都府立洛北高から大阪体育大に進み、2012年に北國銀行へ加入。その後、2014年にハンガリーのフェヘールヴァールKCに移籍し、2シーズンを過ごした。ハンガリーでは毎日がサバイバル。チームメートではあるが、レギュラーを争うライバルとして個人の意識が高く、「垣根が取れるまで少し時間が掛かりました」と振り返る。

「はじめのうちは、分からないことは自分から聞きにいかないと教えてくれないし、ちょっとした壁みたいなものは感じました。ただ、お互いに実力を認め始めると垣根が取れた。そこで見えてきたのは、すごく個の意識が強くて、自分を持っている選手が多いんですね。感情もストレートに表現するので、プレー中はちょっとのことですごく怒ったり、ボールを投げたり蹴ったり……(苦笑)。日本人にはあまり見ないことなんですけど、その分、ハンドボールへの想いもものすごく強いなと感じました」

感じた日本との違い「自分の意志をしっかり言える選手がたくさんいました」

 双子の妹、そしてその下の妹もハンドボール選手という角南は大阪・四天王寺高から大阪体育大へ進学。2014年に北國銀行へ加入すると、2018年にはデンマークのニュークビン・ファルスターに移籍。強豪国で学んだ。

「デンマークは比較的みんな優しくて、馴染みやすかったです。ただ、私より若い20代前半の選手が多いのに、1人1人すごく自立している。自分の意志をしっかり言える選手がたくさんいました。日本の大学生くらいの年代だと、あそこまで自分の意見を言える選手は少ないと思うので、その意識が違うなと感じました」

 デンマーク出身のキルケリー監督が就任後、代表チームに根付かせようとしたのが、まさに意見交換の文化だった。長い合宿や遠征の時は選手と個人面談の時間を設け、監督の思いや狙いを伝え、選手の考えを吸収。言葉の壁を超えた密なコミュニケーションを心掛けてきた。その過程では選手間のコミュニケーションも活発化。田邉は「チームに若い選手が増えた時、最初はあまりコミュニケーションが取れないこともあったんですが、今ではチームとしてまとまりが出てきました」と話す。

 1つのチーム「おりひめJAPAN」として、世界選手権、東京オリンピックという大舞台に向かう中で、2人がチームに伝えたいこと。それは「想いの強さ」だ。角南は言う。

「メンバーが入れ替わって、これまで国際大会を経験していない選手も増えました。その中で、国際舞台を知る選手と、経験していない選手との間に、少し壁というか想いの差のようなものを感じることもあったんです。でも、これではダメだと思って、練習以外の場面でもコミュニケーションを取るようにしてきました。自分は前回の世界選手権でその差を結構感じたので、新しく入ってきた選手には伝えていきたいと思ったんです。同時に、新しく入ってきた選手も積極的に聞いてきてほしくて。それがこの2年くらいでだいぶんできるようになったと思います」

日本にハンドボールが文化として浸透するために必要なこと

 ハンガリーでもデンマークでも、ハンドボールはメジャースポーツとして社会に広く浸透している。日本では食堂や居酒屋のテレビで野球中継が流れるように、ヨーロッパではレストランのテレビでハンドボール中継が楽しまれているという。日本にハンドボールが文化として浸透するにはどうしたらいいのか。それにはまず、世界選手権、そして東京五輪で結果を出すことだ。

「私は中学の時にアテネ五輪予選をビデオで見て、その時から日本代表としてオリンピックに出たいと思いました。今、それが現実になりつつある。一生に一度のチャンスで、その舞台を楽しみたいと思いつつ、今回の世界選手権も含め、1人でも多くの人にハンドボールを知ってもらえるように、勇気や感動を与えられるようなプレーをしていきたいです」(角南)

「世界選手権もオリンピックも『勝たなければいけない』というプレッシャーも生まれてくると思います。チームとしてメダルを狙う中で、まずは初戦がすごく大事。世界選手権をしっかり戦って、東京五輪に繋げていきたいですね」(田邉)

 勝利への想いを一段と強くする「おりひめJAPAN」が、いよいよ大舞台で躍動する時を迎える。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)