「いきなり!ステーキ」が業績下方修正 自社ブランド同士の競合

ざっくり言うと

  • 「いきなり!ステーキ」の運営企業が、12月通期の業績を下方修正した
  • 同ブランドの10月の既存店売上高は約4割減と落ち込み、44店舗の退店を発表
  • 同社は下方修正の理由を「自社ブランド同士の競合が発生している」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x