画像提供:マイナビニュース

写真拡大 (全3枚)

グレープシティは11月27日、業務アプリケーション開発をサポートするJavaScriptライブラリ「Wijmo」の新バージョン「2019J v3」をリリースした。

最新版では、グリッド要件に幅広く対応する高機能データグリッドコントロール「FlexGrid」に、要望の多かった「列のグループ化」、「複数列のソート」、「ピンによる列の固定」、「データの検索」といった新機能が追加しされている。これらの機能を利用することで、エンドユーザーが操作しやすいデータ表示を実現できる。

FlexGridでは列のグループ化が可能になった

また、セルのコンテンツをカスタム表示できる「セルテンプレート」機能を新たに提供。これにより、HTMLでセルのコンテンツを記述できるので、直観的で分かりやすいコーディングが可能となる。

加えて、チャートコントロール「FlexChart」ではYの値が急激に変化する場合によく用いられる階段形式の「ステップチャート」を表示できるようになったほか、グリッドコントロール「MultiRow」では明細行(セル本体)とヘッダを異なるレイアウトで表示できるようになった。

FlexChartではステップチャート」を表示できるようになった

「Wijmo」は1年定額制のサブスクリプション方式で販売され、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は、1ユーザーライセンスが13万2000円(税込)。