17歳のアメリカ人の少女が、美容関連の動画と見せかけて、中国政府によるウイグル人の強制収容所についての事実を暴露する動画を動画共有プラットフォームTikTokに投稿しました。その後、少女のTikTokアカウントは利用停止となったことがわかりました。

少女は動画をTwitterに再掲載

TikTokにフェローザ・アジズさんが投稿した動画は、ビューラーを使ったカールしたまつ毛の作り方を紹介するところから始まりますが、その後「使用しているスマホで、今中国で何が起きているのかを調べてください。強制収容所に無実のイスラム教徒の人々が拘束されています」と突然中国政府の行っていることについて暴露する内容に切り替わります。
 
アジズさんの暴露は、中国西部の新疆ウイグル自治区にある収容施設で、中国政府により行われているというイスラム教徒のウイグル人の洗脳のことを指しているとみられています。
 
英BBCのテレビ番組Panoramaが確認した公文書によれば、おおよそ100万人が裁判なしで施設内に入れられているとのことです。
 
アジズさんが公開した動画は、TikTokで49万8,000以上のいいねを獲得しましたが、その後彼女のアカウントは利用停止となった模様です。
 
アジズさんは、自身がTikTokに投稿した動画をTwitterに再掲載しています。
 


 
TikTokは、10月に政治関連広告の掲載の中止を発表したばかりです。
 
 
Source:The New York Times via BBC
(lexi)